道ならぬ恋/短歌七首

はるのいずみ

黒髪の 肩に乱れて振り向きし
君の瞳に涙にじみぬ


道ならぬ逢瀬よ 重ねど行く末も
花は咲かぬと 君は嘆きぬ


朧夜の ただ戯れの恋ならば
明くれば消えゆく夢であるのに


前世での 縁が結ぶやこの世でも
切れぬ男女の罪の深さよ


彼岸へと 渡りの船に座れども
固くて解けぬ しがらみの綱


肩よせて 月夜の庭の桜木の
散りゆく花に涙を流す


来世では 人世を離れて桜木に
連理の幹に 花をば咲かせん
  

道ならぬ恋/短歌七首

道ならぬ恋/短歌七首

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted