トタン屋根の唄

きなこ/銀ノ楓

真夜中に洗濯の終わった衣類を回収する為 おかってから裏にでる

トタン屋根の唄を雨が奏でていた

懐かしい唄 いつだって辛く悲しい時はこの唄に慰められて 泣いていた

喧騒に慣れ 泣く程の感情も消えて
変わらぬ日常にすり潰されて

トタン屋根の唄を雨が奏でる
一筋の雨粒が流れ落ちた

トタン屋根の唄

トタン屋根の唄

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted