潮騒

ミナト螢

脱いだサンダルが戻って来る
さっき蹴飛ばした光のように
潮の道連れをピンクに照らし 
夏の端っこを避けて歩いても
トングが切れて指が挟めずに
サンダルの分かれ道で止まると
初恋みたいな伝票を切って
領収書の名前に君を書けば
ずっと側にいられると思った
潮が満ちる時の願いは
漁師の網に引っ掛かったまま
魚が喰いちぎるまでは生きてる
おまじないのフリをして
投げたサンダルが波に乗らずに
壊れたトングは釣り針のように
潮の道連れを餌に変えて
君が触れるなら掴まえただろう

潮騒

潮騒

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted