Cracking

西園寺リルケゴール作品集2

Cracking

    
    


      



交差点に置き忘れてきた魂。街を流れていくひとたち。隠れるように。見つからないように。魂は広場を見たのだろうか。虚空。キリコの絵。引き摺るもの。魂は気高さを選ぼうとしながら、飲み込む虚空を懸命に逃れようとしたのだろう。わたしもまたそうだった。やるせない流亡。今夜のアダージョは深く。


   

Cracking

作品集1 http://slib.net/a/1845/
作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

Cracking

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted