殺人車輛

渡逢 遥

けふも まなびやは 姦しい

霧が ゆらゆら たちこめていらあ

霧へ兩脚 一寸(ちょっと)でも ほんの一寸でも 突ツ込めあ

手前(てめえ)も 立派な 殺人犯だ

おれあ 正義(じぶん)が きらいだからよ

きらいだから こそ つらぬくよ

くすんでも にじんでも あせても 黄ばんでも

おれあ 正義を つらぬくよ

兩眼を とじて 机に 片耳

だれも みえない 始発の車輛で

手前の 切符を きりにいく

殺人車輛

殺人車輛

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted