フェイクファー

ミナト螢

空には嘘を付けない気がする
ネックレスの鎖が切れても
また繋ぐような水色の風に
出会ったことがあるから
人の間に生まれる絆も
ずっと信じて良いのかな
雲の切れ間に鏡を持っていて
互いを照らしながら道を作る
期待が体を抜け出す時には
白髪がたくさん落ちてしまうよ
魂の糸を抜くように
編んだ言葉が誰かを包み
安物のコートが高くなる
空という場所で広げた時代の
カタログはもう薄くなってゆく

フェイクファー

フェイクファー

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted