夜に抱かれて

渡逢 遥

夜に抱かれて私は睡る

八重葎に雑念が吸い込まれる

眼前には本棚から無造作に取り出された小説がただ拡がっている

目次を飛ばすのは空が私と同様に生きているから

おまえが脈動する度に

私のヴェールが剥がされていく

世界になれる気がするよ

夜に抱かれて私は睡る

八重葎に雑念が吸い込まれる

夜に抱かれて

夜に抱かれて

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted