劇場の街

川島 海


少しずつ色味を濃くしながら
香ばしい匂いを蓄えて
ぶくぶくと膨らんでいく繁華街を
拠り所なくふらつく夕暮れ
ジョン・メイヤーが歌っている

電飾の間に
探し物のふりをして
軒先に君を見つけてしまえば
僕は僕を許せないのに
ジョン・メイヤーは歌っている

宵闇を知らない大人たちの
闘志のいらない綱引きに
深く息を吸い込んだままの
幼い僕が絡まって
ほんの少しだけ泣いている

劇場の街

劇場の街

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted