モンスター

ミナト螢

テトリスのブロックが増え続ける
それを恋と呼びたいのに
ゲームをしたら負けてしまう
消すことのできない思いを
光らせるほど恥ずかしくなっても
イルミネーションの間に置くよ
眩しさの中にいるだけで
強くなれる気がするなら
何も隠さずに伝えたかった
指先に挟を握るモンスター
返事を聞くのが怖くなったから
耳を塞ぐ代わりに破いた
キャンパスノートの背表紙が
手紙をバラバラにして
封筒まで辿り着けなくなり
ひとり分の歩き方に慣れると
テイクアウトのハンバーガーで
前が見えにくい竹下通り
雨宿りをする隙間に
テトリスの傘が落ちて来る

モンスター

モンスター

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted