新宿

ミナト螢

ベルトの穴のように落ちても
地下へ潜って繋がる通路が

ゲーセンの出口みたいに広がり
景品になった気分で歩く

あちこち見ながら指差されるまで
誰かのために動いて来たから

包装紙でくるんだプレゼントを買い
イルミネーションに奪われそうだ

蜘蛛の巣に良く似た青い電球が
樹々を囲んで地下鉄が止まる

この場所で飲むコーヒーは
忙しくて味を忘れるけど

何度も通う理由になっている
おかしいでしょうそれでいいのさ

入れ替わる人が作る街なのに
同じような顔をしてる不思議

街が残した遺伝子はきっと
エスカレーターで交換された

新宿

新宿

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted