多久さんの事件簿【怖い病】41

Shino Nishikawa

BCはほどほどにしてください。

多久さんの事件簿【怖い病】41
「僕は、ある事に気づいています。今、日本で、とある病気が流行しているのです。
それはHIVです。コンドームなんて意味がありません。
HIVと知らされずに付き合い、子供を妊娠する。母親は産みたがる。
でも、生んでも、育てられなくなり、養子に出す。その子を別の親が育て、親もHIVに感染する。
HIVはBをしただけでも感染するのです。

健康な子供でも、恨まれないように育てなければなりません。
恨まれた子供は大変な目に遭います。
○○さんに、子供といる所を見せてやろう。そういうのはダメです。
せっかく健康な子供だったのに、小学校でHIVに感染してしまいます。
『どうして、うちが‥?』
みんなそう言います。僕だってそうです。

今日告白します。僕は交際相手が全員HIVでした。
それから、精神病になった時に、狂った医師から、HIVのウイルスを注射されたことがあります。

でも僕は今、HIVではありません。
それは、10年もの間、男女交際をしなかったからです。
HIVを治すのは困難ですが、不可能ではないのです。
HIVの女性が、スクーバダイビングにはまり、海で体を綺麗にしているうちに治った例もあります。

まずは、予防をする事です。
健全な人と結婚しても、BCはあまりやってはいけません。
ほどほどにしてください。それは災いを呼ぶからです。

でも結婚は大切です。それが人生の難しいところですが‥。」

多久さんの事件簿【怖い病】41

多久さんの事件簿【怖い病】41

  • 小説
  • 掌編
  • サスペンス
  • ミステリー
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-12-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted