【超短編小説】眉毛

六井 象

 流行の眉毛をネジで留める。黒い眉毛だから黒いネジで。きちんと感情に合わせて動くよう、きつすぎず、ゆるすぎず。上げ、下げ、上げ、下げ。よし。ふう。それにしても、昔は描くだけでよかったというが、どういう原理だったんだろう、眉毛。

【超短編小説】眉毛

【超短編小説】眉毛

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-12-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted