ヒナちゃんの土地戦争

Shino Nishikawa

ヒナちゃんの土地戦争

ユミコこそが、最高のスポーツ選手になれるはずでした。

ヒナちゃんの土地戦争
シシト君とカネちゃんのお友達だったヒナちゃんには、悩みがありました。
ヒナちゃんの家、中山家は何十年も同じ場所に住んでいますが、ずっと嫌な地主オリイに支配されていたのです。
中山家を救うために、ヒナちゃんの伯父さんが役者になりましたが、芸名で活動する事になってしまい、オリイへの効果はゼロでした。

オリイが強情になってしまったのも、カネちゃんの家が豪邸になったからです。
でも、カネちゃんのパパがした悪い事というのは、なんと、ヒナちゃんが相続する遺産を盗んだ事なのです。
ヒナちゃんこそが、本物の大聖人でした。外国の大きな教会で生まれた子供だったのです。日本の大聖人になるために、日本で暮らしていたのでした。

ヒナちゃんは心の中でそれを分かっていましたが、お金に興味はありません。教会だって同じです。全て、神様にゆだねる事が、大聖人のやり方です。
カネちゃんは、どんどんお金持ちになってしまいました。

オリイもどんどん強情になりました。ヒナちゃんは土地を返してもらうために策を考えましたが、まだ力がありませんでした。

オリイに土地を支配されている、ユミコという同じ年の女の子を、ヒナちゃんは友達としてすきでした。
ユミコは見た目が男らしくて、かっこいいのです。
ヒナちゃんは、ユミコがスポーツ選手になれると思い、心の中で応援しました。
ユミコは、競泳で才能を見せ、大きな大会に出るようになりましたが、邪魔が入ります。
リカちゃんです。リカちゃんは、水泳協会の人に、ユミコについての文句を言ったのです。

ユミコは仕方なく、競泳をやめました。しかし、数年後、リカちゃんが競泳選手になったのです。ユミコは息を飲みました。
でも、ユミコは最高の女です。文句ひとつ言いません。
ユミコは盲腸が悪化して、そのまま亡くなりました。

大人になったヒナちゃんは、今でも、ユミコが最高のスポーツ選手になれたと期待してしまいます。
人の夢の妨害はいけません。
友達が夢を追っていたら、『どうぞ。』と思いましょう。
そうする事で、自分の夢に向き合えるようになります。
例え、同じ夢だったとしても、それは同じ事です。
妨害せず、正々堂々と戦うかぎり、勝負する事に文句をつける事はできません。

ユミコがなぜ、最高のスポーツ選手になれなかったのか、ヒナちゃんは今でも神様に問います。
リカちゃんという子に妨害を許した、社会の状態が悪かったという事かもしれません。

ヒナちゃんの土地戦争はまだ終わっていません。
しかし、ヒナちゃんは勝つでしょう。
ヒナちゃんは、スターのロマンを知る大聖人なのですから。

ヒナちゃんの土地戦争

ヒナちゃんの土地戦争

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted