私はあなたと家族になりたい

私はあなたと家族になりたい

赤羽根 比呂

  ※彼は仕事から帰宅すると、キッチンで夕飯を作る彼女を見つけ、抱き着いた。

彼 「ただいま」
彼女「おかえり。な~に~?」
彼 「なぁ…」
彼女「ん?」
彼 「明日さ、休みだしドライブ行かないか?」
彼女「良いね。行こう!…でもそれじゃないんでしょ? 言いたい事は」
彼 「…バレたか…」
彼女「分かるわよ。いつも傍に居るんだし…」
彼 「(彼は諦めにも似たような、明るい声で)
   この間の健康診断で引っかかってさ、 …仕事終わったあと、病院行ってきた。
   末期ガンだってさ…余命宣告されちゃったよ…」
彼女「(震えだす声)そっか…余命宣告って、どの、くらい?」
彼 「(彼女を強く抱きしめる)半年だってさ…、ごめんな…」
彼女「謝らないでよ!」
彼 「ずっと傍にいるって約束したのに、悪い…」
彼女「だから謝らないでってば!…ねぇお願いがあるの…」
彼 「ん?」
彼女「私と結婚してください」
彼 「何言ってるのか分かってる? 俺半年で死ぬんだよ」
彼女「分かってるよ。それでも良い。私はあなたと家族になりたいの。お願い…」
彼 「うん…。君が望むなら」
彼女「じゃ、明日さっそく婚姻届け取りに行かなきゃね、あと指輪も」
彼 「早いな(笑)」
彼女「早いよ(笑)あなたの人生私が貰うんだからね」
彼 「はいはい、君に僕の人生預けたよ」

私はあなたと家族になりたい

ここみゅ『私はあなたと家族になりたい』
http://cocommu.com/script/5a49e8dc9446a95078570c1fca2c31bb

私はあなたと家族になりたい

※彼は仕事から帰宅すると、キッチンで夕飯を作る彼女を見つけ、抱き着いた。 彼「ただいま」 彼女「おかえり。な~に~?」 彼「なぁ…」 彼女「ん?」 ※続きは本文へ。@シナリオ形式 @ココミュ(台本)

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-12-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted