あしたのためにやさしい月をください

あおい はる

 こどもは、あたりまえみたいに、かわいいですね。
 月は、やさしいです。
 とくに、まんまるい月は、ふくよかなからだの、あの頃の、やさしかったおかあさんを、思わせます。
 二十三時は、ときどき、こわいので、月をみあげて、あしたがくるのを、待ちます。水槽には、きのうまでに蓄積された、かなしかったことや、くるしかったことを、沈めます。せんぱいが、はやく、ぼくのことだけをみてほしい、と祈りながら、目をつむり、せんぱいがいる方角、だいたい、南南西を向きます。美術館で、せんぱいは、ひっそりと、いきているので。雪が降り積もるまでは、なるべく、まいにち、あいにいきたいと思うのですが、そろそろ、さむくなってきたので、雪が積もれば、この町は、雪のしたにすっぽりおおわれてしまうので、春がくるまで、せんぱいに、あえなくなってしまう。それは、いま、いきているなかで、もっともつらいことです。(美術館にいる、せんぱいは、この世のものとは思えない美しさ、という言い表しがぴったりの、そう、たとえば、神さまみたいな)
 
あしたになるまで、あと、七分。

 いえじゅう、コーンポタージュのにおいがしますのは、しろくまのせいです。さいきん、いえにやってきた、しろくまは、コーンポタージュばかりをつくります。おかあさんはよろこびますが、おとうさんはほとほと、こまりはてています。ぼくは、しろくまのつくるコーンポタージュが、好きでも、きらいでもなく、おかあさんのように、よろこびもせず、かといって、おとうさんのように、こまってもいません。ふつう、という感想が、いちばんしっくりきますが、ふつう、というものが、世の中ではいちばんあいまいなもののような気がします。
 ぼくの、かなしみや、くるしみにみちた、水槽が、ときおり、ゆれます。水がこぼれて、たまのような水滴がとびます。泣いているように。

あしたのためにやさしい月をください

あしたのためにやさしい月をください

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-12-17

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND