Dえもんの秘密の工場

Shino Nishikawa

Dえもんの秘密の工場

ミニドラが来る

Dえもんの秘密の工場
Dえもんは有名なアニメです。たくさんの人に、夢と希望をあげています。
それなので、いつのまにか、Dえもんには本当の魔法がかかり、Dえもんは宙を飛び回って、人間たちの心を救う仕事をするようになりました。
ただ、Dえもん1人だけでは、全員を救う事ができません。
Dえもんは、秘密の世界22世紀の巨大な神様にお願いをしました。
「神様、僕に助けを求めている人がたくさんいます。僕一人では、全員の心を救う事ができません。お願いです、人の心を救うためのミニドラをたくさん出してください。僕は大変な人間から、救っていきますから。」

天使たちは飛び回り、秘密の工場を作りました。
そこでは、毎日のようにミニドラが製造されています。
人間の心を救うのです。
本物のDえもんは、世界に一体です。大変な人から順に回っているので、なかなか会う事ができません。
人間は、苦しくなった時、我を忘れます。
一人で怒鳴ったり、しゃべったりする事は、他人に迷惑をかけないので、悪いわけではありません。
それを苦しく思わず、自分の中だけで治まった事をありがたいと思えばいいのです。

愛されたキャラクター達には、魔法がかかります。
そして、コピーが作られます。
ト☆ロなども同じです。きっと今も、どこかの木で、ミニトト★が作られている事でしょう。

仏教の世界では、観世音菩薩様が、人々を救う神様とされています。
観世音菩薩様は、その人が安心する姿になり、お救いくださるのです。
観世音菩薩様を信じる事は、素晴らしき人生を歩むために必要です。

まず、皆さんは、仏教を信じてください。生まれた国や家によっては、別の宗教でもかまいません。でも、世界的に広く信じられている宗教が良いと思います。

その上で、空気の魔法を信じるのです。なぜかというと、宗教の神様は大変忙しいので、代わりの神様が必要だからです。
魔法が必ずきてくれます。

『どうすればいいですか?』と聞き、『助けてください。』『お救いください。』と心の中で頼めばよいのです。

Dえもんの秘密の工場

Dえもんの秘密の工場

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-12-17

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work