霰弾

渡逢 遥

怖いのですか

はい、怖いのです

なぜ、怖いのです

それが、わからないのです

それも、わからないのですね

はい

なぐさめになるものを、捜しています

なぐさめ、ですか

あなたは、なにかありますか

いいえ、なにもございません

捜さないのですか

ええ、わたしはどうやらこのままでいたいようです

そうですか

だれが、きめたのでしょうね

さて

怖がることはみっともないと、なぐさめを差し出すのは偽善だと、そして死ぬことは、馬鹿だと

そんなのは、強がりです

わたしは、強がりですか

さて

わたしは、弱いのですか

強がりを自覚しない人こそ弱いものです、真に強い人と言うのは、そういう人に寄り添える人です

わたしは、弱いのですか

いいえ

あなたに寄り添っても、笑いませんか

あなたは、もう強がりじゃないですよ

霰弾

霰弾

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-12-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted