幻肢痛

彼が「君は僕が他の女に触れていることがそんなに悲しいの?」と聞いてきた。「そうだよ。」と返せないのが悔しくて泣いてしまった私を見て、呆れた顔しながら立ち去ろうとする君の顔面を思いっきりぶん殴った。

幻肢痛

幻肢痛

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted