天女伝説

湯田 夏

照りつける日差し。吹き抜ける温い風。
湖畔に立った男女がまぶしそうに眺める水面は、しかしどこまでも澄みきって美しい。

「ねえ、この暑さ異常じゃない?」

女が言った。

「暦ではもう冬なんだけどね」

男が言い返した。

「それよりどう?ここが天女が水浴びしたって伝説の湖」

「たまに旅行に行こうだなんて言うから、ついてくれば、あんたっ」

男はみるみる肩を落とした。どうやら夫婦のようだ。

「あたしはもっとこう、美味しいご飯を食べたり、珍味な土産や素敵なアクセサリーを買いたいのよ」

つまり最後のアクセサリー、高価なお土産が欲しいというのが本音だろうと男は思った。

「で、でも周りを見てよ。燃えるような真っ赤な木々を。素晴らしい紅葉じゃないか」

「何が素晴らしい紅葉よ。燃えるような木々よ。あたしがこの暑さで燃えそうよ!」

「仕方がないよ。地球は温暖化で、それなのに世界の国々はお金が欲しいと、懐を暖めるばかりだから」

「何、上手いこと言ってんのよ」

微かに女の口元がクスリと緩んだのを、見逃さなかった男は閃いた。

「そうだ!せっかく天女の伝説の湖に来たんだ。水浴びでもしたら?」

「あたしにここで脱げって言ってんの」

笑みを浮かべる女の目だけは笑っていない。

「もも、もちろん、足だけ水に浸かったらっていう意味だよ」

しばらく無言だった女が口を開いた。

「しょうがないわね」

湖面を見ながら腕組みする女は答えた。



「キャッ、冷た」

無邪気に水面を蹴りあげる女。

「ああ涼しい。思った以上に冷たいわ」

見守る男に女が伝える。自然と微笑む男にさらに付け加えて女が言った。

「あたしの靴、ちゃんと見ていてね。高かったのよ、その靴。あと濡らさないでよね」

あらためて男は脱いだ女の靴を見た。初めて見る靴だと気づいた。いつの間に買っていたのか。男は苦笑いを浮かべる。その時、

「ねえ!」

女が叫んだ。驚いた男が立ち上がった。

「足拭くタオルはあるんでしょうね」

女の言葉に男が胸を撫で下ろす。
足元のバックから男が何やら取り出し、女に振り回す。

「大丈夫。温泉に入るかなってバスタオル持ってきているから」

「あんたにしてはやるわね」

白いバスタオルを見ながら女は言った。
振り回すのを止め、もう一度見せつけるように前へ突き出して、バスタオルをしまおうと、男はまた閃いた。

「このバスタオルが羽衣だったら」と。

そうすれば妻を天界へと追い払えるから。

天女伝説

天女伝説

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-29

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted