余命三ヶ月の恋

渡逢 遥

春が生まれては夏を産み

夏が生まれては春殺め

秋を産んでは夏は往き

冬秋つれて心中す...

嗚呼!おれは秋が好きだ

おまえは三ヶ月もあるか?

ないだろう!決してない

あるものか、あってたまるものか

おまえのことが不憫でならない

夏は秋と同時にやってくるという

だれかの言葉を

わたしは思い出す

秋を産んで夏が往くのではない

秋と夏とは双生の児だ

同時に息を吹き返すのだ

秋は避暑し避難する

兄に触れると死んでしまう故

おれは冬が憎い

おれは雪が憎い

何も言わずに秋を攫って

のうのうと義父を気取っていやがる

あまつさえ此奴は養子を殺したことも

雪に隠して消えるのだ

なに故お前は白いのだ

おまえのせいであと何度

秋が死なねばならぬのか

嗚呼、今年も又

情告げられずに終わりゆく...

余命三ヶ月の恋

余命三ヶ月の恋

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted