毒婦

「君の孤独を簡単に明け渡さないで。」という言葉を律儀に守りながら空っぽの部屋で朝を待っている。そんな呪いのようなものを残していった生き物は今日もどこかでちゃんと人間をしていて、あの時感じた美しさは影も形も残っていないのだと私は最初から知っていたのに

毒婦

毒婦

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted