【超短編小説】一所懸命

六井 象

 太陽にうっすら透けている。回し車とハムスター。一所懸命だ、すごく。雲一つない青空の、隅々にまで満ちる爽やかな陽の光。お陰で洗濯物がよく乾く。一所懸命なハムスター。地平線の向こうで、たくさんご褒美をもらうといい。

【超短編小説】一所懸命

【超短編小説】一所懸命

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-27

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted