30

いとう。

恋愛ものは、苦手でほとんど読んだこともないので不自然な箇所はあるかもしれませんがご了承ください。ではよろしくお願いいたします!

30

チカはため息をつきながらコーヒーのミルクをたらす。

カフェに来たのだが、ざわざわとした人通りがうっとうしくて
オープンテラス席なんかに座るんじゃなかったと後悔し始める。

大手のデザイン会社に就職してはや7年。
忙しい日々を送りながらも順調にやってきた。

(午前0時で30か…)

今は午後の3時。
30…なんとなく30歳といえば人生の節目を感じる。
子供の頃は自分が30になるとは想像もしてなかったが…。

(実際は30歳なんて平均年齢80歳の時代からすれば、まだ半分の年でもないじゃない)

とはいえ、結婚とか相手はいないのかなどの話を周りの人間から聞かれるのは腹が立つ。

(日本人って変なところでデリカシーがないよなー)

そもそも、チカには子供の頃から結婚願望がなかったのだ。

小学生のころから、デザイン関係の仕事をしてバリバリ働くんだ!
という、願望は人一倍もっていたものの
友達が言う「将来の夢はお嫁さん」という夢は理解ができなかった。

そして、30歳の現在も同じである。

(あー、友達も結婚してるしなー)

高校のころの親友の顔がちらつく。

(いちおう、みんながしてるし私もしなきゃいけないのかな?)

チカが嫌いなのは「みんなもしてるし自分もやる」という行為だ。
同調圧力に負けて人生を決めるかもしれない結婚を無理矢理する…。
それで、失敗した人たちをチカは知っている。

(バカバカしい)

と、虚勢ははってみるけど…

「子供はまだ?孫は?」と親に聞かれるのは心苦しい。
しかし、チカは子供もあまり得意ではない。

やっぱり、無理にでもしたほうが親は安心するだろうから相手くらいはと
彼氏と別れたばかりなので、結婚相談所のサイトを閲覧してみたが…

(会費が高すぎるわ…このお金で近い海外なら行けるじゃん…)

結局、結婚よりも自分のポケットマネーを取った。
チカは趣味ややりたいことにお金を使いたかったのだ。

(私って自分勝手かなあ、子供っぽいかなあ)

いちおう、それなりの蓄えはあるので
年をとってもまあ、なんとかやっていけるだろう。

つまり、チカにとっては「相手、結婚、子供」は不要なのだと感じていた。
加えて愛情よりもお金のほうが大切だというシビアなところもある。
いつか友人が「愛情があればお金はいらないのよ」と言っていたので
「じゃあ、愛情で光熱費を払ってみたらどう?」と切り返して場を凍らせたこともある。

(うわ…もう4時)

チカは気持ちをもて余したまま趣味のショッピングを楽しんだ。

時間は午後の8時。

(そろそろ夕飯の時間か…今日の0時で誕生日だし…)

特別に少し高いイタリアンに入って食事をすることにした。
値段のわりには、それほど美味しくもなく

(外れを引いたなー)

いまいち、満足できない1日を過ごした。

時間は午後の9時をうっている。

(あと、3時間かー)

チカはコンビニで明日の朝ごはんを買ってから夜の繁華街をうろつくことにした。
人混みにもまれているとなぜか孤独な気持ちになるのはなぜだろう。

落ち着きのあるバーが目に入ったのでそこに、逃げ込むことにした。

「いらっしゃいませ」

カウンターの向こうからマスターが声をかける。
チカと同年代くらいだろうか。

店内は暗く狭いけれど、レトロな趣のある趣味のいいバーだ。
ムードのある音楽が流れている。
このての曲をまったく知らないチカでも少し酔いしれてしまう。

カウンターに座るとマスターが「なににしますか?」とチカに聞く。

カクテルなどには疎いので「おすすめ」でお願いすることにした。

「わかりました」

カクテルができあがるまでしばらく
残りの仕事を片付けてしまおうか、明日でもいいか…と
考えていたけれど結局、時間を無駄にはしたくないので仕事を片付けることにした。

「できあがりました」

ノートパソコンをとじる。

マスターから受け取ったカクテルはきれいな薄いピンクだった。
そっと、口をつけてみるとさわやかな苺の味が口のなかに広がった。

(カクテルって意外と飲みやすいんだな…)

マスターと目が会う。

黒髪にスッとした輪郭、きれいに整った中性的な面立ち。

チカは急いで目をそむける。

「お客様は初めてのご来店ですよね」

マスターが話を切り出す。

「あ…はい、雰囲気のいいお店だったので…」
「それはそれは、ありがとうございます。」

その時、店の時計がなった。

ボーン、ボーン…

「あ、え…もう0時?」
「お急ぎのようでも?」
「ああ、いえ、今日の0時で私って30になるんですよ」

つとめて、にこやかに答える。
ある程度、年齢を重ねれば分かる。
こういうときにでる言葉は大抵「30に見えない」や「若く見える」のお世辞だ。
時々「もう○歳か」などの不躾な言葉を言うやつまでいる。……上司だが。

マスターはにこりと笑った。

「お誕生日、おめでとうございます」

チカはなんとなく拍子抜けした。
この年齢になると誕生日など嬉しくはないが「おめでとう」と言われるとなんだか嬉しくなる。

「ありがとうございます!」
チカは勢いよく立ち上がり、カウンターに膝をぶつけた。

「いたた…」

マスターはそれを見て軽く笑う。

そして言う
「私からもう一杯、プレゼントさせてください」 
「…?カクテルをですか?」
「はい」
「いや…悪いですよ!今日、初めて来たのに…」
「いいんですよ、ご来店記念だと思って…そのかわりこれからも来てくださいね」

マスターの中性的な顔がミステリアスな笑顔を浮かべている。

「…はあ…じゃあ、お言葉に甘えて…」

(実は私お酒はあまり得意じゃないのよね)

それでも、できあがったカクテルはとてもきれいだった。

上から薄いブルー、そしてどんどん濃いブルーへとグラデーションになっている。

味も先程とは違い、ほどよく甘いが爽やかな後味を残すチカの好みのカクテルだった。

と、そのときスマホが点滅しているのに気づいた。

「あ、ヤバイ!LINE見るの忘れてた!」

上司からだった。どうやら、また新しい仕事が入ったらしい。
しかもそれは、入社したときからチカが手掛けたかった夢のような案件!

チカはその場で叫びそうになった。
これは、すぐにでも取りかかりたい。まずは、残りの仕事を片付けて…

「マスター!今、仕事が入ったの…ずっと取りかかりたい案件が回ってきて…」
「すごいですね、もう誕生日プレゼントが2つも」

チカはあまりの嬉しさに距離感を忘れてマスターの顔を覗きこんだ
「ええ、このカクテル、すごく美味しかったです」
「…!それはよかったです」

心なしかマスターの顔が赤らんで見えたがもちろん、チカは気づかない。

「あの!カクテルありがとうございます!また来ますから!」

帰宅すると午前2時

もともと、酒に弱いチカはそのまま、ベッドにたおれこんで眠った。

スマホのアラームの音が聞こえる。

(起きなきゃ…あー、でも2連休だから今日も仕事は休みだ)

と、パチッとチカは目をあけた。

明日から新しい仕事が待ってるんだ! 
早く残りの仕事を片付けてしまおう! 

(結局、30になるって意気込んでたけど別にいつも通りだよなー)

案外、節目などとは言い過ぎで本来は小さな通り道なのだ。
自分の人生を一心不乱に生きていたら普通にすぎさるものなのかもしれない。

「さ、これからもーっと頑張るぞー!」

チカは勢いよく起き上がりノートパソコンを開く。

……と、そこからヒラヒラなにかメモのようなものが舞い落ちる。

「?なにこれ?」

拾ってメモの中身をみる。

「んー、アドレス?」

実は、バーのマスター。
チカがカクテルを飲んでるうちに
ノートパソコンに自分のアドレスをかいたメモを挟んでおいたのだ。

「昨日のバーの名前とマスター…?の名前…って、これって」 

チカはメモを指に挟んでパタパタと顔を仰ぐ。

(マスターって、恥ずかしいことするなあ…意外と遊び慣れてるんじゃないの?)
 
チカの悩みごとはひとつは消えたがまた、ひとつ増えた。 

チカの頬は真っ赤だ。

30

もう、書いてて恥ずかしくなるし、マスターがストーカーっぽいかなあって悩んだし、主人公のどのへんをどのタイミングで気に入ったのかも分からない謎短編

30

午前0時で30歳になるチカはもやもやした気分で過ごしていた。気をまぎらわせるために入ったバーで舞い込んだチカへのプレゼントとは?

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted