ちょっと君を待ってる

嗄鳥鳴夏

まだ暇だからと言い訳をして
期待を寄せて 僕は聴いてる
君が聴かせてくれた歌を歌いたくて
バレないように 口ずさんでる
頬杖をついて ちょっと君を待ってる
いつもの席で 僕は待ってる

待ってよなんて 言ってしまえば
僕は楽だから 逆に待ってる
待ってよなんて 男らしくないから
映画的展開を 君に期待してる

「あっ。」て消しゴムを落として
横目で見ると 君は寝ている
君が聞かせてくれた話を信じたくなくて
バレないように 今日も待ってる
上の空見て ちょっと君を待ってる
いつもの席で 僕は待ってる

待ってよなんて 言ってしまえば
君は困るから それは言わないでおく
待ってよなんて 僕らしくないから
ドラマ的展開を 君に期待してる

ちょっと君を待ってる

ちょっと君を待ってる

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted