走り出せば間に合う朝に

嗄鳥鳴夏

何して のたうち回って
人生を悟ったって
愛して 憎しんだって
全て 斜に構えたって

頭の中じゃ何も出来ない
手の内に秘めてちゃいけない
全ての 今がこの時なら
君がするべき事は何か

夜中中 探し回れば見つかる理由
走り出せば間に合う朝に
夜中中 動き回れば分かる自由
走り出せば間に合う朝に

早くこの街を出なきゃ
でなきゃ君は ただの君で終わる

無理して 笑ってみたって
夕空に黄昏れたって
夢見て 無理なんだって
全て 憂鬱になって

目の前には何も見えない
闇しか無いから光も射さない
景色に 自分が居ないなら
君が居るべき所は何処か

夜中中 探し回れば見つかる場所
走り出せば間に合う朝に
夜中中 動き回れば分かるでしょ
走り出せば間に合う朝に

早くこの足で行かなきゃ
でなきゃ夢は ただの夢で終わる

走り出せば間に合う朝に

走り出せば間に合う朝に

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted