Ballet

西園寺リルケゴール作品集2

Ballet

    
    


      



訪れる日々のフレーズが誰かを装う

計算しようとする距離はいつも拙く脆い 言葉を当てはめて終息を願いつつ 何度も試みは陽だまりに求められた失望に帰る それでも決して一日の翳りに留まらない 無闇に迂闊な夜を使い尽くしていつも戻りゆく 

誰かに似た明け方が降りた


      

Ballet

作品集1 http://slib.net/a/1845/
作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

Ballet

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted