ペテロ、Sect、ペテロ

西園寺リルケゴール作品集2

ペテロ、Sect、ペテロ

    
    


      




群青の線が蛸壺を抱えて別れを告げにきた。短調のプレリュードの涙腺へ放火したので在世を去るらしい。餞にタウンページを一冊持たしてやった。一つだけの心残りは首相を殺れなかったことだと、群青の線は細々とブラックニッカを口につけた。ぽつぽつと夜が明けるころ彼女の粘液は新改訳聖書2017版を汚した、戻らなかった。


      

ペテロ、Sect、ペテロ

作品集1 http://slib.net/a/1845/
作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

ペテロ、Sect、ペテロ

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted