ルカの物語

日南田ウヲ

その少年は、屋根の上でいつも赤い色の空を眺めていました。
風の日も雨の日も、太陽が輝く日も、月が輝く夜も、一人ぼっちで空を眺めていました。
少年はどこまでも広がる空を見ていると、自分も飛行艇乗りのお父さんのようにいつか空の彼方へ行けるのだと思うことができました。
瞳を下げると屋根からは少年の住む街の遠くまで延びる鉄の錆付いた煙突やパイプがいくつも見えました。
街はいつも鉄の焦げる様な匂いがして、時折空から黒い雨が降ると街はより一層鉄の錆びた匂いがしました。
そして街に風が吹くと風の中に鉄粉が混じり、それが空へと舞い上がり空を赤くしました。
夏が過ぎる頃には、いつも巨大な嵐が襲いました。嵐は空を汚す街の人々を怒り狂うように襲い、街を破壊しました。
嵐が来た時は街の人々は家の中で肩を震わせて抱き合っているのですが、嵐が去った沈黙の後には街の人々は再び鉄を打ち、また風が鉄粉を空へ運んで空をより一層赤くしてゆくのでした。
或る時、少年のお父さんは彼に空の彼方にある美しい青く輝く海に囲まれた豊かな森や川のある青い楽園のことを話しました。
緑豊かな森も美しい川もどんなに少年が屋根から背伸びをしてみても、この街で見ることができない世界でした。
その場所は飛行艇乗りたちの中で昔から語り継がれている伝説の楽園でした。
青い楽園では美しい青い空が広がり、そしてその空から消え果てることのない檸檬色の優しい光が降り注ぎ、その光を受けて実る美しい果実の森があって、そこで誰もが平和に暮らしているとのことでした。
でもそこに行くには夏至の夜に渡り鳥達の後に続いて飛び続け、そして巨大な嵐の王様“サンベルジュ”に会わなければなりませんでした。なぜなら青い楽園はサンベルジュの身体である巨大な嵐が壁となって守っているといわれているからでした。
青い楽園は光の主がこの世界に残した唯一の穢れなき美しい場所で、サンベルジュは光の主から、楽園へ入る資格を持つものを見定める門番の役目を受けていると言い伝えられていました。
その資格とは光の主がこの世界の全ての生命を創り終えたときに囁いた“光の主の囁き”に対する答えを持っていることでした。
サンベルジュはその答えを持つものだけに嵐の壁の門を開き青い楽園へ導くといわれているのですが、青い楽園へ旅立った者は生きて帰ってきた者がいないので、誰も“光の主の囁き”とその答えを知りませんでした。
青い楽園へたどり着く事は空を行く者たちの憧れで、大きな夢でした。
「お父さんも、行きたいの?」
少年がそう言うと、お父さんは遠い目をして彼の頭を撫でました。そしてゆっくりと手を離しました。少年はその時お父さんの瞳の奥に輝く星を見た気がしました。
少年が十歳の夏至を迎えた夜、お父さんの乗った飛行艇は強大な嵐に巻き込まれ、その後、行方が分からなくなってしまいました。
少年は一人ぼっちになってしまいました。
その日から少年は屋根に上りひとり空を見続けていたのでした。そしていつかお父さんの夢の続きを叶えるために、自分も飛行艇に乗り空へ旅立とうと思うのでした。

いくつかの季節が過ぎて少年はいつしか立派な青年になり、お父さんにも負けないぐらいの優秀な飛行艇乗りになりました。
少年も大きくなるにつれいつか自分もお父さんの夢を叶えるため、空へ旅立とうと思うようになりました。
そして、ついに夏至の夜、夜空へ旅立ちました。
夜空が明け始めると遠くに空を行く渡り鳥達の群れが見えました。彼はその渡り鳥達の群れに近づきました。
彼は言います。
「渡り鳥達よ、お前たちの中の誰かが嵐の王様“サンベルジュ”のもとへゆこうとするものがいれば教えてくれ」
すると年老いた一匹の渡り鳥が近くにやってきました。
「私は渡り鳥の王“ロゾ”。これから嵐の王サンベルジュのもとへゆき、この渡り鳥の王が代わった事を伝え、この若い旅鳥達の空の安全を伝えるところだ」
「渡り鳥の王ロゾよ、もしよければ僕もサンベルジュのもとへ連れて行っておくれ。私は青年“ルカ”。父の夢を追う空ゆく旅の者だ」
渡り鳥の王はゆっくりと羽ばたく翼をルカの青い瞳の近くまで寄せると、静かに頷きました。
「良いだろう空を旅ゆく青年ルカよ、私達は種族が違っても同じこの広い空を旅する者同士だ。そして同じ旅の目的を持つ者同士だ。君の申し出を受けて、私がサンベルジュのもとへ導こう。さぁ、私の愛しい子達よ、ここでさようならだ。君達は若く新しい王を得た、新しい王と共に君達の道をゆくが良い。私はサンベルジュに君達の旅が安全にいくよう伝えよう、ではご機嫌よう」
ルカは手を伸ばすと渡り鳥の王を自分の懐に招き入れました。そして渡り鳥達は静かにゆっくりと円を描いて西の空へと消えて行きました。

ルカとロゾを乗せた飛行艇は多くの街や枯れた木々の森を、そして大きな水の流れない砂の川を越え、また幾つもの太陽の輝く世界と月の世界を飛び続けてゆきました。
ルカはロゾと一緒だったので寂しくありませんでした。なぜならロゾが沢山の話をしてくれたからでした。
それはルカにとって初めて聞く話でとても驚くものばかりでした。一番驚いたのは空が青く、そして緑豊かな森が昔はどこにでもあって、我々の身近な友人だったということでした。
また嵐の王サンベルジュが非常に人間を嫌っていることも聞きました。
理由は人間が美しい大地や海や空を、鉄を焼いた火と油で汚し続けたからでした。
だから夏になるとサンベルジュと彼ら嵐の一族たちは怒って人間に害を成すのだと言っていました。
そしてロゾはその話の途中でルカに言いました。
「夏至の夜、君と同じように私にサンベルジュへの道を訪ねた飛行艇乗りの男がいた。私は彼にサンベルジュへの道を伝えるとその男は“ありがとう”といって飛行艇の鐘を鳴らしてサンベルジュのもとへと向かっていった。多くの飛行艇乗り達が夏至の夜に飛び立ち伝説の青い楽園を目指していたが誰もそこにたどり着いた者は居なかった。しかし、その男だけは瞳の中に輝く星を持っていた。もしかするとその男だけは、“光の主の囁き”に答え、サンベルジュの嵐の壁の門を抜け伝説の青い楽園に着いたかもしれない」
ルカは心の中で思いました。
(それは、きっとお父さんに違いない)
「ルカよ、サンベルジュは北に輝くおぐまのしっぽと南に輝く白鳥が見える夜に現れる。その夜とその場所に我々は行かなければならない。右手に蠍の輝く赤い星が見えるだろう、それを見てこのまま進むのだ。あの赤い星が丁度地平線に消えようとする夜、空におぐまのしっぽと白鳥が輝くだろう、それがサンベルジュの現れる夜だ」
ルカは静かに頷きました。
「行こう、渡り鳥のロゾよ、嵐の王サンベルジュのもとへ」そして飛行艇は進んでゆきました。
ルカはお父さんの心に気持ちを寄せるように静かに口元を引き締めて空を見つめました。

やがて赤い星が地平線の向こうに消える夜がやってきました。
空は夜なのに白く、何も音が聞こえませんでした。ルカは空を見ました。北の空にはおぐまの輝くしっぽが見えました。そして南には白鳥が輝いているのが見えました。
「ロゾよ、ついにあなたの言う夜が来た。嵐の王サンベルジュはどこにいるのだろう」
風がゆっくりと強く何かに向かって吸い込まれて行きました。
「ルカよ、この小さな風達の行く先を見るのだ。ほら、見えるだろう?あの大きな暗闇の中にこちらを見ている巨大な目が、あれが嵐の王様“サンベルジュ”だ。ルカよ、身体を飛行艇にしっかりと紐で括り付けておくのだ」
ルカはロゾを懐に入れると身体を紐で飛行艇に縛り付けながら、今はっきりと自分の目にサンベルジュの巨大な目が見えるのが分かりました。
ごうごうと唸りを立てて風が音を立てて鳴りました。
(なんていう強い風だ!)
 ルカは強い風で目が開けられなくなりました。
すると飛行艇はサンベルジュから伸びてきた強い巨大な風の手に捕まってしまいました。
そしてその手は飛行艇を握ると、前に後ろに、強く動かしました。
(これがサンベルジュの嵐か!)
その度、ルカは飛行艇から振り落とされそうになりましたが、飛行艇に身体を括りつけたおかげで飛行艇から投げ出されることはありませんでした。
何度も何度も飛行艇はサンベルジュの風の手に揺らされましたが、ルカは歯を食いしばり必死で頑張りました。すると激しく揺れていた飛行艇が静かになりました。
そしてルカの耳に大きく静かで空を響かす声が聞こえてきました。
「招かざる客人達よ、何故、お前達は私のもとへ来たのだ」
その声にロゾが言いました。
「嵐の王サンベルジュよ、私は渡り鳥のロゾだ。私は君に伝えに来たのだ、旅鳥達の王が代わったことを。これからも彼達は旅を続けるだろう。そのため彼達の空の旅の安全が続くように君にお願いに来た」
サンベルジュは言いました。
「友人ロゾ、懐かしき友よ、君は既に年老いた。若き希望に満ちた王が君の後を継いだのだな。希望に満ちた若者の旅を、何故、私が邪魔などしよう。君の願いは聞き届けられた。若き渡り鳥達の旅の安全を祈ろう」
そう言うとサンベルジュはその願いを聞き届けた事を示すために、遠くに大きな稲妻を落としました。
「もうひとりの招かざる客人よ、名前を聞こう」
「嵐の王サンベルジュよ、僕は青年“ルカ”空を旅する者だ。僕は伝説の青い楽園を探している。その青い楽園に行くためには“光の主の囁き”に答えなければならないと聞いている。そのため、ロゾと一緒に多くの街や枯れた森を、そして大きな水のない砂の川を越え、また幾つもの太陽の輝く世界と月の世界を旅して来た」
それを聞くとサンベルジュの力強い風の手がルカの身体を握りました。それは怒りに満ちた熱い手でした。
「愚か者よ、誰が、お前達人間等をあの美しい青い楽園へ導くものか。お前達は大地を汚し、森の木々を切り、川と海を汚し、そしてあろうことかこの空までも汚した。そんなお前達を私が何故友人としなければならないのだ」
ルカは自分の身体を握り締めるあまりの強い力に気絶しそうになりました。サンベルジュはルカの言葉に怒って彼を絞め殺そうとしているようでした。
あまりにも強い力にルカは息が出来なくなりました。
(こんな強大な力に人間が太刀打ちできることなどとてもできない!)
そして意識が薄れてゆこうとしているとき、お父さんのあの眼差しが見えました。
(さようなら、お父さん、僕はお父さんの夢に応えられない息子でした)
その時でした。ロゾの声が聞こえました。
「サンベルジュよ、私達の使える光の主は言った。あの青い楽園に行くには君の友人であること、つまりあの“光の主の囁き”に答えられる者だ。光の主の心を感動させるものを持って厳しい日々を強く生きる心優しい者だけが認められる、それが遥かな古からの約束だ。そして何者もその問いを受ける資格がある」
それを聞くとルカを握り締めていた手が緩みました。
ルカはそれで息を吹き返しました。
「ロゾよ、確かに君の言うとおりだ。よし、光の主との古の盟約に従おう。ルカよ、お前に“光の主の囁き”を伝えよう。お前の答えが光の主の心を感動させなければ、お前を常世の暗闇に落とそう」
サンベルジュはそう言うと、ゆっくりとルカに言いました。
「ルカよ、聞くが良い、“光の主の囁き”はこうだ。“お前達人間はこれから心に何を抱いて生きてゆくのだ?”」
ルカはゆっくりと息を大きく吸うと、目を静かに閉じて考えました。
(僕達はサンベルジュの言うように大地や海を、そして空を汚してきた、それでも僕達は生きている。僕達はそんな世界で何を抱いて生きるのだろう、辛い労働の日々、哀しい人との別れ、泣き出しそうなひとりぼっちの夜。僕はそんな日々の中で何を抱いて生きてきたのだろう、お父さんの居ない世界で、僕はお父さんの夢を叶えるために生きてきた。誰のためでもなく、それが自分のためだから・・でも、その先に何があるのだろう、そして何が僕を突き動かすのだろう・・それは、その先に未来があるからだ、そしてその未来に僕達はある光輝くものを期待しているからだ)
ルカはそこまで考えると、身体を括りつけた紐を外しました。
もし自分の言葉が間違っていたら常世の闇に落ちるためでした。そして両手を大きく広げて、ルカは大きな声で言いました。
「希望だ!サンベルジュよ、僕達は希望を抱いて生きている!夢の続きを悲しい夜の向こうに願って希望を抱いて僕達は生きている。サンベルジュ、聞いてくれ。僕は青い楽園に行きたいと心の底から願っている、それはお父さんに会うためだ」
「お父さんに会うためだと?」
サンベルジュの言葉が風に乗り、ルカの耳に届きました。
「お父さんは優秀な飛行艇乗りだった。嵐に巻き込まれて墜落するようなお父さんじゃない。お父さん、いや・・父はサンベルジュ、お前の巻き起こすこんな嵐で落ちるような飛行艇乗りじゃない」
サンベルジュは無言でルカの言葉を聞いていました。静かな強い怒りに満ちた沈黙が訪れました。
「幼い頃に空へ旅立った父はきっと生きている。父は“光の主の囁き”に答え、青い楽園で生きていると信じている。だからこそ僕は再び父に会えることを希望にして生きている。そして飛行艇乗りとして成長した自分を、同じ飛行艇乗りとして父に認めてもらいたい!」
沈黙の中でルカは静かに懐からロゾを優しく抱き出すと、小さく“ありがとう”と、言いました。
お別れでした。
ロゾはルカの優しい眼差しを見ました。その眼差しの奥に輝く星が見えました。それはロゾが前に見た飛行艇乗りの眼差しと一緒でした。
ロゾの羽が風に靡いて動いた音が聞こえました。ロゾはルカのほうを見て満足そうに頷いて、静かに空へと飛び出しました。
それを見届けた後、ルカはサンベルジュの強大な目を見ました。
最後の言葉を言うためでした。
ルカの瞳の中で輝く星が流星となってサンベルジュの巨大な目に向って流れ落ちてゆきました。
「沢山の美しいものを汚し、破壊した僕達は愚か者だ。そんな愚か者だけど、僕達は希望を持って生きている。もう一度、言おう、サンベルジュよ!“お前達人間はこれから心に何を抱いて生きてゆくのだ?”という“光の主の囁き”に対する答えはこうだ!僕達はどんなに厳しい世界に生まれても決して諦めず、そう、心に・・心に希望を抱いて生きていくのだ!」
それを言うと空が大きく割れて、大きな稲妻が飛行艇に落ちました。
一瞬ルカの瞳にその稲妻の中でサンベルジュの巨大な瞳が見え、そこから光輝く手が落ちてゆくルカの腕を掴んだように見えました。でもルカは薄れてゆく意識の中で、そんなことはどうでも良くなりました。
身体の感覚が無くなり、そして後はルカの耳に静寂が聞こえ常世の暗闇に落ちてゆくのが分かったからでした。
最後に涙が頬を一滴落ちてゆきました。

ルカは青い波が打ち寄せる白い浜辺に身体を横たえていました。
やがて一匹の小さな蟹が寄ってきてルカの頬をつつきました。ルカはそれで目が覚めました。
ルカは身体を起こすと辺りを見ました。その風景はお父さんが言っていたものと同じでした。
ルカは自分が伝説の青い楽園に着いたのだと分かりました。寄ってきた蟹が鋏で遠くを指さしました。
ルカはその先を見ました。
そこにひとりの男が立っていました。
ルカはそれが誰だか一目見た時から判っていました。そしてゆっくりと歩き出しました。するとルカの前にロゾが飛んできました。ルカは腕を出して、その腕にルカをとめると、その翼を撫でました。
父がどんな希望を持っていたのか、ルカはそれを思わないではいられないでしたが今だけは彼はそれを忘れ、一人の息子として父に追いつき、そしてとうとう伝説の青い楽園に着いてお父さんに会えたのでした。

ルカの物語

ルカの物語

少年は、屋根の上でいつも赤い色の空を眺め、いつかお父さんから聞いた美しい青く輝く海に囲まれた豊かな森や川のある青い楽園に行くことを思っていました。その場所は飛行艇乗りたちの中で昔から語り継がれている伝説の楽園でした。ただそこは世界の中で唯一の穢れなき美しい場所で、サンベルジュという嵐の王が護る場所でした。光の主がこの世界の全ての生命を創り終えたときに囁いた“光の主の囁き”を知り得るものにしかサンベルジュは嵐の壁の門を開かないと言われる場所へ少年の父親は旅立ち、消飛行艇は強大な嵐に巻き込まれ、その後、行方が分からなくなってしまいました。そして少年も大きくなりやがて自分もお父さんの夢を叶えるため、ついに夏至の夜、夜空へ旅立ちました。この物語は少年ルカが渡り鳥の王と共にサンベルジュの嵐の壁に立ち向かい、そしてその困難を乗り越えようとする少年ルカの成長を記した物語です。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-10-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted