自由

フッツ

雲間から日が差せば
鳥はさえずり
羽ばたき飛び立つ

静かな郊外でも
ざわつく街中でも
未開の森でも
同じように起こる現象に
基準はないが
理由なら個々にある

山ほどの言いたいこと
抱え込んだら堕ちてしまうだろう
だから適度に削ぎ落として
意識した軽装備で

朝日が洗い流した後の
輪郭鋭い交差点
点滅する青
どこへ向かうかは
鳥の自由だ。

自由

自由

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted