セレナード(シューベルト) Ständchen(Franz Schubert)

龍 佐秋

夏の夜(よ)の蛍のやう、灯る思ひ(火)
宿のない月のやうに、そつと昇る

この火を君はきつと消しはしない──消しはしない
その顔を見せて輝かせて──輝かせて

桜ばな咲く朝に余波(なごり)なくて
もみぢばを落とす風頬に染みる

僕が好きなのは君と葵──君と葵(逢ふ日)
僕がその髪に挿してあげる──挿してあげる

その窓を開けて、目を合はせ、一緒に歌つて
顔を見せて、顔を見せて
さあおゐで

セレナード(シューベルト) Ständchen(Franz Schubert)

原詩を訳す語学力はないので、「恋人の窓下に歌う歌」という意味のタイトルであるという情報から作詞してみました。多分、主旨は外れていないのだろうと思います。

セレナード(シューベルト) Ständchen(Franz Schubert)

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work