故郷の小さな神社の境内、篝火の前、昔なじみの「友達」と。

市境前12アール

 年も明けて日も過ぎた、一月も半ばを迎えたある日のこと。普段は人気のない小さな神社も、その日は、役目を終えたお神札(ふだ)や正月飾りを燃やして宿った神さまを天に帰す、そんな神事が執り行われるためだろう、境内で甘酒が無料で振舞われ、それなりの賑わいを見せる。
 使い終わった正月飾りを紙袋に入れて、神社に足を運んだ柑渚(かな)は、そこに見知った顔を見つけ、ほんの少しだけためらいを覚え、足を止める。

(あっちゃぁ、「(あお)」じゃん。そっかぁ、帰ってたのかぁ)

 足を止めた柑渚の視線の先には、高校の頃からの昔なじみである「難波(なんば) 青嗣(せいじ)」が、紙袋を手に、境内の中央で焚かれた篝火の前で、燃え上がる炎をじっと見つめるように立っていた。

  ◇

 地元の高校を卒業して、地方都市に本社を置く、程よい大きさの商社に就職した柑渚。家を出て、会社が借り上げたアパートに引っ越した彼女は、片道二時間という微妙な距離のせいだろうか、いつでも帰れるからと帰省するのを先延ばしにし、結局、七年もの間、ほとんど帰ることなく日々を過ごす。
 そんな柑渚が、去年の年の瀬に、誰にも相談しないまま会社を辞めて。突然、実家に帰ってくると言い出した彼女を、祖父母や両親は何も言わず、暖かく迎え入れる。
 そんな家族の暖かさに感謝しながらも、彼女は、久しぶりの実家に、どこか居心地の悪さを感じていた。

(……別に、邪険にされてる訳じゃないんだけどなぁ)

 祖父母も両親も、昔と同じように接してくれている、そのことは柑渚にも十分に伝わってくる。だから、変わったのは自分の方で。それは、高校生から大人になったとかではなくて。きっと、故郷を顧みずに過ごしてきたことで、どこかがズレてしまったのかなぁと、そんなことを彼女は、心の片隅で考えながら。

――久しぶりの故郷や実家にいまいち馴染めないまま。それでも、柑渚は生まれ故郷で、都市の喧騒から離れて、静かな毎日を過ごしていた。

  ◇

(なんでこいつ、こんなところにいるのかなぁ)

 正月を締めくくる神事を迎えた境内で。まだ一月とはいえ、正月休みはとっくの昔に終わっているはずなのにと、柑渚は、自分と同じように故郷を離れ、遠く東京で生活しているはずの「青」の顔を見る。

(まあ、毎年送られてくる年賀状が無かったら、わかんなかったよね)

 毎年律儀に送られてくる年賀状。そこに写った写真を見て、うっわぁ、こいつら、変わってねぇなんて思ったものだけど。まあ、でも、こうやって見ると結構変わってる気がする。少しだけ精悍になった? 少なくとも、バカっぽさは無くなったねと、そこまで考えて、ふと気付く。

(あれ? マフラーは?)

 高校の頃から、冬になると毎日のように首に巻いていたマフラー。もはや青のトレードマークと言ってもいいそのマフラーが無いことに違和感を感じて、柑渚は軽く首を傾げる。これだけ寒い日なのにあのマフラーをしていないなんて青らしくないなぁ、そんなことを思いながらも、彼の元へと歩み寄ろうとした、その時。

――青が、手にしていた紙袋を、篝火の中へと放り投げる。

 篝火の中で炎を上げる紙袋。燃え崩れるその紙袋からちらりと覗かせたその中身に、柑渚は歩き出そうとした足を止め、再び立ち止まる。

――青が大切にしていたマフラーが。篝火の中で、紙袋に入れられたまま、ぱちぱちと音を立てて、燃えていた。

  ◇

 初めてそのマフラーを見たのは、高校の頃だった。「(うみ)」からもらったと、マフラーを首に巻いた青が、自慢気に、嬉しそうに話していたことを思い出す。
 どんな表情をしてたのか、もう思い出せない。それでも、そのことだけは、今でも忘れられない。

――篝火が炎を上げる。マフラーが炎に焼かれ、赤い炎を上げ、篝火の炎とまじりあう。

 高校を卒業して、家を出て。
 あの二人にも会わなくなって。
 仕事に、日々の生活に追われ。

 生まれ故郷のことも忘れ。
 加速した時間の中で、繰り返しの毎日を過ごし。

 青から毎年送られてくる年賀状。
 そこに写るマフラーに心をざわつかせ。

――炎が瞬く。マフラーが赤い炎をちらつかせ。光と熱を踊らせて、込められた想いを空に還す。

 ある年に、青の住所が東京に変わり。
 あくる年、海の住所も変わり。
 一通の年賀状に二人の写真、差出人は連名で。
 その頃には、あの二人のことは遠い世界のお話で。
 昔馴染みというか細い縁が、年賀状の形をとって残ってる、たったそれだけ。

 おーおー元気にくっついとるのぉなんて思いながら、同居を始めた会社のセンパイくんに年賀状を見せて、高校時代の友人だよと話をして。苗字が変わるのはあっちが先かなぁなんてことを、こっそりと考えたこともあったっけ。

――懐かしく、どこか落ち着かない生まれ故郷。何度も足を運んだ神社の風景。役目を終えたお神札(ふだ)が、正月飾りが燃え上がり、宿した神が空へ帰る。

 センパイくんと気まずくなって。
 職場にも居づらくなって。
 新しくアパートを借りて、センパイくんと別々に住んで。
 それでも職場の空気はそのままで。

 別にあの会社に執着もなかったし、センパイくんもね、別に嫌いなわけじゃない。かみ合わなくて、同じ場所にいると居心地が悪い、だから、私の方から話を切り出して出て行った、ただそれだけ。
 結局は、七年間お世話になった会社も辞めて、次の職も決まらずに、一度実家に帰ろうと決心して。

 空っぽになった心が、ほっと一息つきたがっていることに、ようやく気付く。

――空っぽの心に、炎が揺れる。遠い昔の思い出が、炎となって、空に帰る。それはきっと、青がずっと抱えていた想い。

 なのに、どうしてだろう。
 あのマフラーが燃えるたびに。
 ずっと昔、どこかに置いてきたはずの気持ちが。
 空っぽの心に、形を変えて、入り込む。

 それはきっと、もう過ぎてしまった何かで。
 それはきっと、たった今終わった何かで。

――意味もわからないままに、瞳に涙が誘われる。

 自分が涙目になりかけたことに気が付いて、とっさに「アカン、青に気付かれたらマジアカン」なんて心の中でツッコミを入れて。深呼吸をして、心を落ち着けて。何事もなかったかのように、青に声をかける。

――あっれぇ、青じゃん、久っさしぶりー、と。

  ◇

「げっ、『(かん)』じゃん、マジかよー」

 大げさに驚きながら声を上げる青。その声を聞いた柑渚は、こいつ、中身は変わってねぇな、そう確信しながらも、親しげに話しかける。

「帰省中? どうですかな、東京暮らしは」
「どうもこうもねえよ、都市部なんてどこも似たようなもんだろ」

 そんな、他愛のない話をして。

「はぁ!?、帰ってきた!? カレシは!?」

 会社を辞めて帰ってきたって言ったらひどく驚いて。

「彼氏? ああ、あのセンパイくん? あれ、違うから」
「どこがだよ! 大体、お前さぁ、自分のカレシ位、名前で呼べよ! そんなんだから出戻って……っ、()ぇ」

 青のやつ、出戻りなんて失礼なことを言いかけたから、思いっきりぶん殴ってあげて。そんなんだからとか言いかけた青をもう一発ぶん殴る。

 そのあと、境内で配っていた甘酒をもらって。そうそう、こいつ、妹が今年成人だからって、わざわざ東京から戻ってきたんだって。いやぁ、凄くね? そう思ったんだけど、「当たり前だろ、家族なんだから」とか言われて。そんな世間話で盛り上がって。甘酒お代わりして。家から持ってきた正月飾りを篝火にくべて。

「温いのぉ、ホカホカじゃあ」
「……じいさまか。……っ!」

 篝火に手をかざしながらこぼした台詞に、青の無神経な一言。無言で後頭部を殴ってさしあげる。
 しばらくして、綺麗な衣装を身にまとった神主さまが登場して。篝火の前で、小声でモゴモゴと「りん・びょう・とう・じゃ・かい・じん・れつ・ぜん・ぎょう」と呟きながら両手を動かすのを眺めて。イマイチだなぁ、照れちゃうあたりが田舎だなぁ、衣装が泣いてるぞと二人で笑いあって。

「じゃあ、また今度な!」
「今度っていつだよ! 十年後かよ!」

 そんなことを言い合って、その場はお開き。おお、(さぶ)(さぶ)いなんて言いながら、家路につく。今頃、海はどこで何をしているのかねぇ、きっとあの子も変わんないだろうなぁと、そんなことを考えながら。懐かしい、昔から変わらない道を。少しだけ軽くなった足取りで。故郷に帰ってきたことを、しみじみと実感しながら。

――それは日常の、当たり前の風景で。久しぶりに柑渚は、そんな当たり前の日常に溶け込んでいた。

故郷の小さな神社の境内、篝火の前、昔なじみの「友達」と。

本作品は、「小説家になろう」からの転載です。
https://ncode.syosetu.com/n6346ff/

故郷の小さな神社の境内、篝火の前、昔なじみの「友達」と。

久しぶりに故郷で正月を迎えることになった柑渚(かな)。 都会とは違う、のんびりとした故郷の空気に戸惑いを覚えていた柑渚は、神社の境内で、懐かしい顔を見つけて……

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-10-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted