花心・水心

みなみ☆たえと

人魚から人間の女の子に転生した由美絵衣(ゆみえ)を追っかけてきたちゃった人魚男子のお話。
彼女にはすでに婚約者がいるというのに、諦めずこっちに来ちゃった(あるしゅヤバイ奴)の彼と、それを心配して
むこうからお便りをよこす忠義な桜の木の精のお話です。

――拝啓、時の果てにおられる遙様――

 この森はあなた様が時の旅に出かけられた、あの日のままでございます。
私の花弁にのせたこの伝言(ことづて)が、いつの日かあなた様にとどきますように、今日も幾輪もの八重の花を枝に咲かせております。

  風に乗って 八重桜の花弁は
  ひらひらと 想いをのせて
  いつの日か時を越えて
  はらはらと舞い降りた
                                         ☆



(今日は本当に、どうしたのだろう。)

 四月に入ったというのに、あたり一面桜の花びらが舞っているのだ。
この地方は暖かくて、たいてい桜の身頃は二月~三月中旬までだと誰かに聞いていた。
花を咲かせているのはどの木だろうと、あたりを見渡すのだが、それらしい木はどこにも見当たらない。
この公園の木はほとんどが、柳や水楢のような花をつけない種のものなのだ。桜の木があればすぐに気がつくだろう。

けれど、相変わらず花弁だけが多量に空を舞っている。
上昇気流に乗っているのだろうか、なかなか地面へ落ちてこない。薄水色の空の中、花弁は自由気ままに泳いでいるようだ。

この光景は初めて見るものではないような気がする。僕はベンチに座ったまま、空を見上げていた目をとじてみた。
今日は平日でしかも午前中のこの時間、自然公園には人通りなど無に等しい。この光景を見たのは、僕一人だけかもしれない。

 さぁっと一陣の風が吹いて、髪に、額に、肩に、手の上に、なにかが落ちてきた感じがした。

きっとさっきの桜の花弁だ、と思い、急いで目を開けようとしたが、何故か瞼がいうことをきかないらしかった。全身の力が抜けていく気がした。
僕は意識だけで闇の中を浮かんでいるみたいだった。どこからかさしてくるほのかな明るさで、不思議とあたりがみえる。

僕は確か公園のベンチの上にいたはずだ。
けれどその前、もっと前にはどこにいたのだろう……。

 はらはらと真上から花弁が突然に、大量に降ってきた。うっすらと色づいた、白に近いこの色は、空に舞っていたあの桜だろうか。
無意識に手の上にのせた花弁の一つが、ほの白い光を放ち、ぼうっと燃えだした。あたりの闇が揺らいで、そこにある懐かしい場所の風景が浮かび上がってきた。


――そうか、空に舞っていたあの花弁は、僕の故郷であるこのほとりにあった、あの桜の木のものだったのか――


僕はずっとある人を探して旅をしていた。旅に出る前は水の神の息子として、故郷であるあの湖一帯を治めていた。
その時は僕の探すあの娘も僕の住む湖にいて、それは幸せな日々が続いていた。そう、あの憎らしい人の子がやってくるまでは、本当に幸せだったのだ。

奴は僕の大事なあの娘を奪っていった。
あの娘が人に憧れているのをだしにして、清らかなあの娘を連れ去ったのだ。僕はすぐさま後を追おうとしたが、それをとめたのはあの岸辺の桜の精だった。
いつも大人しかった彼女だったがその時はとても必死に、切なげな瞳をして、幹から抜け出してきてこう言った。


 ――今は行かせておきなさい。外見の熱が冷めたらきっとここへ帰ってくるでしょう。あなたはここで、おまちなさい―― と。


その言葉で僕は十年待った。後を追いたいとも思ったが,桜のいうことも、もっともだと思ったからだ。
あの娘は水から生まれた娘。水の神の子である僕と、この水面下の世界のことを、忘れるはずがない。
あんな奴より僕の愛に気づいて、きっと戻ってくる、と確信していたのだ。

そしてその十年の間、ずっと桜は側で励まし、慰めてくれていた。季節が過ぎてもその枝に満開の花をたたえて、毎日花弁を水面へと降り注がせてくれていた。
僕のつらさや悲しみも、その根から吸いとってくれているようだった。

いつしか僕は愛するあの娘も大事だが、この桜もこの世界も放っておけない、と思うようになっていた。
しかし、あの娘がいつまで経っても戻ってこないので不安はつのる一方で、にごる水を濾過することすらできなくなった僕を見て。

たえきれないというように、ある日桜がつぶやいた。


――私達のことは心配ないから、どうかお行きなさい。私はずっと待っておりましょう。あなた様の帰る日までここを守って、待ち続けましょう――― と。


☆☆

 気がつくとベンチの上にいた。いや、ずっとここにいたのかもしれないのだが。けれど、僕の意識はとてもはっきりとしていた。

今までのことが、記憶が、全てがとても鮮明になっていた。あたりにはまだ花弁が舞い散っている。
その花陰に一瞬、あの桜の精の瞳が映ったような気がした。優しげで、切なげで、それでいてとても強い意志の力を持った、あの懐かしい瞳が。


――親愛なる僕の桜へ

 あなたの伝言は届きました
 僕はもう少し旅を続けます
 もしだめだったら潔く諦めて
 あなたのもとへ帰るので
 それまでどうか待っていて下さい。

君の想う泉の主より――

☆☆☆

  風にのって花弁はまた
  伝言のせてひらひらと
  空高くへと舞い上がっていく
  遠くはなれた故郷の
  岸辺の桜のそのもとへ。


終わり

花心・水心

花心・水心

人魚から人間の女の子に転生した由美絵衣(ゆみえ)を追っかけてきたちゃった人魚男子のお話。 彼女にはすでに婚約者がいるというのに、諦めずこっちに来ちゃった(あるしゅヤバイ奴)の彼と、それを心配して むこうからお便りをよこす忠義な桜の木の精のお話です。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日 2019-10-19

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND