夜明けの灯り

音澤 煙管

夜明けの灯り

なん年ぶりかに訪れた、

やぁー久しぶり!

一晩中鳴っていた風が、
陽と共に止み雲に覆われた空の下、
なん年ぶりかココへ訪れた。
時間帯は違えど、
その場所は変わらずの姿で、
快く出向いてくれた。
小高い山と海岸に挟まれたココでは、
懐かしい頃は星ばかりを眺めていた。
約束したかのように、
毎朝、必ず東雲の時に、
そうしないと怒られたからだ。
あの時の空はよく言っていた、
"もう少しもう少し、
ちょっと先を見つめれば良いのにな?"
あれからはその意味が、
わかった気がして、
今日からまた訪れている。
明日からも、またよろしくな!
そう見上げてその場を立ち去った、
陽の明るさが、
その方角に届く前に、
そっとわからぬように。

夜明けの灯り

ココがぼくの居場所だ。

夜明けの灯り

今朝、撮れたての朝焼けです。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-10-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted