9月・10月の短歌(2019年)

さちこ

金曜日だからダメなのではなくて曜日を問わずダメなのである

あした朝起きたら死んでたいだけど死んでたら朝起きれないのな

人生に飽きたら眠る 眠るのに飽きたら起きる その繰り返し

外は秋・心は真冬・君のいるあの日の街はとわに常夏

ふりむくな ゆるくつないだ手のひらがほどけるような速度ですすめ

蟻を踏む ただ意味もなく このように意味のない死はありふれている

「世界じゃん」「世界かよ」「うわまじ世界」おいやめろそんな目でこっちを見るな

「えいえんは、あるよ」ときみが吉野家で開いてみせた紅しょうが入れ

じゃあおれがモヤっとボール投げる役やるので声はお願いします

地縛霊としてバンドに明け暮れて今日も卒塔婆のあいだでねむる

9月・10月の短歌(2019年)

9月・10月の短歌(2019年)

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain