団子の跡

音澤 煙管

団子の跡

年に2回の、

んー……こらっ!


空も機嫌が変わりやすい、
袖も長くしたり戻したりと。

秋の虫は相変わらずで、
小雨の中でも話している。

いつも屋根の下で眺めるヤツも、
風の誘いに負けていた。

窓の隙間を見つけ出し、
居なくなって早二日。

小雨もあるし空腹で、
この二日で何してるんだ?

届かぬ声を外へ向け、
気まぐれなヤツの帰り待つ。

そう思って聴きなれた、
小声で近づくヤツの声。

やぁお疲れさん!お帰りと、
お土産付けた顔撫でる。

さぁお入りなさいと、
怒らないでね?と顔低く。

食べて飲んだらシャンプーと、
寝る前には説教するよ!

小雨も上がり風が吹く、
猫の道には団子の跡が……

団子の跡

恒例行事……?!

団子の跡

風も落葉を手助けし、その下の虫たちは話し騒ぐ事を止めない。そんな中で、またヤツが……

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-09-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted