堕文作戦

朱瑠兎

  1. DISC 1
  2. DISC 2

収録曲、だいたいyoutubeの公式チャンネルで聞けるので「だいぶ聞いてない」「知らない!」って人がいたらどんどん聞こう!

DISC 1

01. タイトル未定(新曲)
「楽しみにしております」

02. 幸福論
「彼女に歌って欲しい歌ランキングがあるとしたら上位ですね。『重い』とは感じませんよ!ウェルカム!!」

03. すべりだい
「林檎さんのCDを最初に買ったのが1stアルバムだったんで、これをちゃんと聞いたのは結構後でした。あの『幸福論』のカップリングがこれって、当時少年だった自分ですが、なんか色々すげえなと思いました」

04. 正しい街
「曲の背景を知ると、18歳そこそこの時に自分がしていた恋愛はどうだったろう? その当時の環境はどうだったろう? と考えてちょっと鬱になりかけますね。ぬるま湯だった」

05. 歌舞伎町の女王
「口笛のパートが異様に大好き。『10代でこんな曲作ったのかよ……』が今でも椎名林檎をすごいと思う理由の一つ。んで、死ぬほどキャッチーな曲だと思います」

06. 丸ノ内サディスティック
「中坊時代に聞いていて、歌詞も曲全体に漂うムードも『大人っぽくていいなあ』と思っていた曲です。今でもそんな感じです。」

07. ここでキスして。
「彼女に歌って欲しい歌ランキングがあるとしたらやはり間違いなく上位なんですが、『現代のシド・ヴィシャスと言われるのはちょっと…』と常々考えております」

08. ギブス
「don't U θink? i 罠 B wiθ U に尽きると思います。脳にジンジン来ますよね」

09. 罪と罰
「歌い出しがまず、最高。頬を刺す朝の山手通りですもん。林檎さんの巻き舌のイメージはやっぱこれです」
10. 本能
「話すならやっぱMVの衝撃の話だろうという感じですが、歌詞の色っぽさがまずたまらないんですよ」

11. 真夜中は純潔
「学生時代、カラオケの映像でMVがまんま流れる時、猫が変形するシーンが毎度大盛り上がりでありました」

12. 迷彩
「歌詞カードを見て、『なんかすっげえ難しいぞ!!』ってなった10代のあの頃」

13. 茎(STEM)~大名遊ビ編~
「昔書いた小説のヒロインのね、テーマ曲をね、これに設定させて頂きました。申し訳ありません」

14. りんごのうた
「NHK『みんなのうた』での映像は、伝説だと思います。また見たい……」

DISC 2

01. 公然の秘密(新曲)
「なんつーか、曲名の『椎名林檎っぽさ』がすごい。ベストアルバム発売というタイミングだからこそ、強くそう思います」

02. この世の限り
「昔書いた小説のエピローグにね、BGMを設定するとしたらこれだよねと(以下略」

03. 流行
「ヒップホップも聞きまくっていた自分、Mummy‐Dも大好きなんでこのコラボには当時ぶち上がりましたね。無論、曲自体もめっちゃ素敵な女性の曲って感じで大好き」

04. 旬
「絶対ドラマのEDに使われてるだろ!って感じなんだけど、使われてないんすよね。これを今まで4人くらいに行ってきたけど、1人しか『そうだね』と言ってくれなかった」

05. 自由へ道連れ
「小松菜奈が出ているMVが最高過ぎるよねってのは言わずもがなだけど、youtube公式に上がっているライブバージョンの格好よさったらないので、今すぐこのページを閉じて見に行って頂きたい」

06. カーネーション
「紅白歌合戦出場時の、ギターを抱えてオーケストラをバックに構えてないバージョンが本当に沁みて……またどっかでこのバージョンやってくれないかなあと」

07. NIPPON
「サッカーを見ないしサッカーのカルチャーを全くわかっていない人間ですが、本当に本当にかっちょええ曲だと思います。確か、令和になって最初に再生した林檎さんの曲だったと記憶している」

08. ありあまる富
「純粋に、泣ける曲。それに尽きる」

09. 青春の瞬き
「林檎さんを最初に聞いたのはガキの頃で、いつの間にか自分も大人になっていました。ガキの頃から聞かせて頂いてた方が、大人になった人向けの曲を作ってくれた……聞いてきて本当によかったとしみじみ思います」

10. 人生は夢だらけ
「うちの母が唯一口ずさむ林檎さんの曲です」

11. おいしい季節
「栗山千明トレーディングカードを紛失したのはこの10年で上位に来るレベルの失態だけど、あの千明様のCDジャケットは手元にあるから無問題」

12. 獣ゆく細道
「CDで聞いたりMV見たりするよりステージの上でのパフォーマンスの方が映える曲ってのは確かにあって、これがそれかなと。紅白では、ここだけ異空間というか別のイベントになってましたね」

13. 長く短い祭
「デビューから十数年経って、新たに夏の定番曲みたいなもんをお出ししちゃうのが椎名林檎を追っていて唸るところ。これも熱く格好いい女性の曲だと思います」

14. 目抜き通り
「開業を迎えるGINZA SIXのテーマ曲!? デビュー当時は歌舞伎町の女王で新宿系だったのに!! トータス松本も関西の人間じゃねーか! と変なテンションになった記憶がありますが、最近も木村屋總本店にアンパンを買いに行った時頭の中でこれが流れてました。椎名林檎、何にでもバッチリハメてくるコントロール力に脱帽です」

堕文作戦

今回のアルバムに入ってない曲だと、『月に負け犬』『メロウ』『いろはにほへと』『茎(日本語歌詞の方)』なんかも好き好き大好き。

堕文作戦

椎名林檎初オールタイムベスト「ニュートンの林檎」が発表されたので、収録曲それぞれについて自分の一言コメントを付けてしまいました。勢いでやった。それくらい興奮している。 林檎さんをリアル中坊時代から聞いている者でございます。

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-09-27

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted