NSPの空

音澤 煙管

NSPの空

田舎の道を歩いてゆくと、

土臭い空の下……



乾いた風のこの頃は、
段々と土臭い空に変わってゆく。
真っ青が薄くなり、
オレンジ色に負けている。

フラフラデコボコ
足元がぬかるんだ道、
そこには虫たちがウロチョロしてる。
道端の花も休んで居て、
枯れた地面は泥の土。

空は段々と高くなる、
せっかちな星が光ってる、
いちばん星を探しっこする。
誰かが言っていた、
夕暮れ時は寂しそうと。
歌う気持ちが分かる気がした。

小さな頃と大人の今は、
見上げる空の臭いが違う。
あの土臭い空が懐かしい、
田んぼの真ん中で見た秋空が……

NSPの空

丘の後ろは長い影。

NSPの空

夕暮れ時は寂しそう……

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-09-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted