第9話-1

Zin

「終わりなき神話」これまでは……

『繭の楯』『咎人の果実』は10人ずつ特殊な能力を保有する人間や異星人たちであった。
『繭の楯』と呼ばれる人々は救世主に覚醒するまでのメシア・クライストを守護するべく産まれた運命の10人。
『咎人の果実』は救世主に覚醒する前にメシア・クライストを殺害し、神々とデヴィルの永劫決戦の勢力図をデヴィルに傾けるため、産まれた運命の10人。

それぞれに思うものを胸に抱え、メシア・クライストの溢れる力により20人は遥か未来、すでに文明は滅んだ地球の、赤色巨星となった太陽の下、戦い続けていた。

 白い部屋の中で空気を華麗に操り、【繭の盾】とメシア・クライストを窒息させようとしているドヴォルは、その透明な肉体に青色の炎を一層大きく灯して、ケタケタと笑った。イ・ヴェンスに首を締め上げられながら。

「そう、そうでしたね。わたしは前世、別のオムニバース、別の宇宙で貴方の息子として生きていた」

 イ・ヴェンスもはっきりと思い出していた。自分がこの眼の前にいる魂の持ち主に前世、殺害されたことを。

 背後に立ち身体が半身、まるでコンクリートで固められたかのようになっているアニラ・ザビオヴァも、トチス人のオレンジ色の瞳をドヴォルに向け、自分がこの男の妹で、父親の殺害を隠蔽したことを思い出し声を漏らした。

「お父さん、わたしは――」

 そう言いかけた時、酸素が行き渡らない筋肉を動かし、イ・ヴェンスは太い腕をドヴォルの首から外し、そのヌメリとした透明な腹部に分厚い手のひらを当て、能力を発動させた。

 すると透明なラーフォヌヌ人の背中が爆発。腹部から背中に大きな穴が空いた。

 が、それでもドヴォルは息絶えることはなく、能力は持続している。

 後ろを振り向くイ・ヴェンスには、メシアがすでに気絶寸前な状態なのが見えた。

「アニラ、俺たちを移動させろ」

 呼吸もままならない中で叫ぶイ・ヴェンス。

 アニラ慌て異空間へつながる穴をなにもない空間に作る。

 そこへイ・ヴェンスはドヴォルの身体を掴み、そのまま突進して行き先も分からない穴の中へ入って消えた。

 半身が動かないアニラも、自らの足元に穴を作ると、その中に沈むように消えていく。

 穴が閉じ、空間が通常に戻るとメシアは水面に出たかのように呼吸をした。

 第9話-2へ続く。

第9話-1

第9話-1

  • 小説
  • 掌編
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY