再春

音澤 煙管

再春

涼しい春が来る、

思う時は繰り返す

また春がやって来たようだ……

風は止む事もなく流れ、
鼻を擽るから嚔が絶えない。

猫も鳴く事を止めず、
四六時中彷徨く。

明るい芽生えとは違う、
枯れた実りの時期が来る。

眼は改めて潤う時、
湿気ではなく乾いてゆく。

秋と言う寂しい春がやって来る。

再春

寂しい春が。

再春

四季の中でも過ごしやすい時、それでも繰り返す自然界の中。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-09-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted