7月・8月の短歌(2019年)

さちこ

人生はつらい/股間は痒くなる/止まない雨はないこともない

アラレちゃん凄い速さで走るけど任意保険はかけてるのかな

母親にお前もはやく働けと責められながら飲む水の味

そうなのだ 死しかないのだ この世には(熱力学第二法則の文系的理解)

人知れず75%オフされた全てを弔うお墓

もしも死ぬならば野原で昼寝してそのまま目覚めないとかがいい

だとすればこれがわたしの死兆星なんだな あはは 汚え花火

こんにちはそうです僕が弱者ですかつおぶしにも勝てないほどの

出ようとも出られないこの町というアフォーダンスに嵌められている

クソツイに慈雨の心でするいいね(慈雨に心はないだろうがよ)

7月・8月の短歌(2019年)

7月・8月の短歌(2019年)

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain