2019 15

なつやすみくん

嵐が夏をさらっていく
迫りくる雲が 迫りくる雲が 刹那の感情を追いかけ
あの熱に痛めつけられた街を洗い流す

狂雲を眺めている
紫の雲が 紫の雲が 鮮明な青空を覆い隠し
大都市のいたずらですら全て破壊し尽くす

さようなら
さようなら
過ぎ去った雨は知らん顔して
さようなら
さようなら
清々しい空を想像するのだ


嵐が空を遠ざける
追いついた雲が 追いついた雲が 瞬きの間に散っていき
その熱は翠雨(すいう)どころではないと笑い出す


雄風(ゆうふう)に飛ばされどこへ行く
掴みたい雲が 掴みたい雲が 知らないうちに千切れてる
大都市の幻を嫌わないよう壊してくれ

さようなら
さようなら
いつの日か雨が流れる岸で
さようなら
さようなら
澄みきった青を目の前にする

2019 15

2019 15

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-09-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted