You Can’t See Me

ヤリクリー

注意事項
①米印はト書きです。読まないでください。
②カッコ内は読んでください。
③これは、男性4人女性2人の声劇です(※兼任含む)。
④ややキツめの言葉遣いをしているかもしれません。ご了承ください。

You Can’t See Me

〔登場人物〕
男性:拓也、将司(まさし)、里音(りおん)、博已(ひろみ)
女性:愛奈(あいな)、梨華(りか)、妙子(たえこ)
(※梨華と妙子は同じ人で。)
その他:ニュースキャスター(博已と同じ声の方で)

(※ここは、とある小さな公園。その近くの細道を歩くOL。)

妙子:今日も今日で疲れたわ。
あら?もうこんな時間。早く帰って、“Rei! Wa! Sliding!(令和スライディング)”の番組を観ないと!私の推しの“覚見(かくけん)くん”が今日の担当だから、忘れずにみないと!!


(※妙子が立ち上がろうとすると、全身黒ずくめの男に急に口元を抑えられる。抵抗するも、力が強すぎて気絶寸前。)

妙子:ん!? ん~~!! ん~!!

里音:コラッ!落ち着け!落ち着くんだ、馬鹿野郎!!もがくんじゃねぇ!!

妙子:んん~!! ん~!!

(※必死に抵抗をする妙子。しかし、力には適わなかった。)

妙子:ん~!! ん♡

里音:落ち着けッ! 落ち着くんだッ! 抵抗するんじゃねェ!!


(※その後、首を思いっきり絞めつけられ、窒息死。)

将司:あれ?妙子、今日はやけに遅いなぁ。行く前、あんだけ今夜の番組を心待ちにしていたのに。予約はしておいたけど、遅いよなぁ~。


(※日付が変わり、楽しみにしていた番組が終了。その後のニュースにて。)

キャスター:ニュースをお伝えします。先ほど、午後11時45分頃、公園の路地にて、女性の遺体が発見されました。現場は防犯カメラや人通りがない小さな公園の近くの路上で、女性が何も身に着けていない姿で発見されました。被害者は、落ちていた会社のIDカードより、“佐野妙子(さのたえこ)”さん、28歳であることが判明しました。現在、警察が詳しい状況を調べ、犯人の行方を追っていますが、情報がないとのことです。


将司:…う、嘘だろ…。お、おれの、俺の妻が…。
あれだけテレビを楽しみにしていた、俺の妻が…。

あぁ~~~~!!!!!!!!!!!!


(※日が昇り、現場の様子が判明してきた。)

拓也:今日も、天気がいいねぇ。ランニングにはピッタリだ!

…て、ん?何だ?あの人込みは。
ちょっと見て見るか。

すみません。今、何をしているんですか?

愛奈:今、ですか?
今、警察の現場検証が行われているところなんです。

拓也:現場検証?
一体、どういうことなんですか?

愛奈:実は、昨日の深夜にここで殺人事件があったみたいなんです。

拓也:防犯カメラや目撃情報は?


(※静かに顔を横に振る愛奈。)

愛奈:全然。ちょうど、防犯カメラの死角になっているんです。人目にも付きにくいところで…。

将司:妙子、妙子…。妙子…!
うぅ…。

拓也:あの…。

愛奈:はい。何でしょうか?

拓也:あそこの、警察の人の近くで号泣している男性は?

愛奈:被害者の旦那さんらしいです。
彼曰く、仕事帰りに突然襲われてしまい、今に至るそうです。

拓也:なるほど。
“被害者はOLかアルバイターかはわかりませんが、仕事に従事していた”と。

愛奈:えぇ、はい。

拓也:1つ、つかぬことをお伺いしますね。嫌であれば、回答拒否でも構いません。
貴女は、この近くの住人なのですか?

愛奈:…え、えぇ。はい。

拓也:では、事件前、付近で何かおかしなこと、不思議なこととかはありませんでしたか?“最近、未解決の異音問題がある”とか、“誰かが引っ越してきた”とか。

愛奈:特にそれといったものはありませんでした。

…しかし。

拓也:…しかし?

愛奈:私の家はこの公園の近くなんですけど、ここ最近、23時30分頃になると、全身黒ずくめの男がこの辺りを徘徊しているんです。引っ越し情報とかはないし、そんな噂もこの近所では耳にしていないので、ちょっとおかしいなと。

拓也:なるほど。
できれば、その黒ずくめさんの特徴を教えていただけませんか?

愛奈:顏はげっそりしていた感じです。シュっとしていた感じですね。目元とかはサングラスなどでわかりませんでした。全体的な体格も、デブではないし、標準的な体格かと言われたら、それよりも細い。少々痩せ型、とでも言いましょうか。背は、170cmは優に越しているかなと。
それに、黒でしょうか?色はわかりませんでしたが、キャップを被っていて、“Water Rock(ウォーターロック)”っていう英語のスペルが書いてありました。コンバットナイフ、っていうんですかね?そんな感じの、ミリタリー系と思しきナイフを身に着けていたようです。

拓也:ありがとうございます。

おっと、遅ばせながら自己紹介を。私、“江藤拓也(えとうたくや)”と申します。拓也さん、とでも呼んでください。

愛奈:私は、愛奈(あいな)と申します。

貴方は、探偵さんか何かですか?

拓也:いえいえ。たまたま、この近くをランニングしていた者です。毎朝、かかさずランニングをしているんです。自分の家はここの隣の市なので、運動をするにはもってこいなんです。

愛奈:なるほど。

拓也:朝早くから、申し訳ありませんでした。

愛奈:いえいえ。気になってしまうのは仕方ないですものね。
では。

拓也:(なるほどね。ここ最近、不審な男性の存在。ナイフの装備。日付が変わる直前の公園を徘徊し、目撃情報や防犯カメラも無し。

仕事帰りに、近くを道路で通ってみますか。)


(※拓也の勤務中、梨華が話をかけてきた。)

梨華:お疲れ様です、拓也さん。
知ってます?昨夜の事件。

拓也:あぁ。今朝、ちょうどその現場近くをランニングしてきたんだけど、すごい野次馬の数だったぞ。

梨華:被害者、既婚女性だったんですってね。

拓也:らしいなぁ。今朝の現場検証で、被害者の夫らしき男が意気消沈してたもんな。

梨華:犯人も見つかってないんですってね。

拓也:そうだよ。

でも、その前あたりに不審な動きはあったそうだよ。

梨華:え?

拓也:公園近くのとある住人いわく、23時30分頃に、その近辺でたむろしていた黒ずくめの人がいたそうだ。痩せ型のげっそりとした顔の輪郭(りんかく)らしい。

ただ、その方はその日、22時には既に寝ていたそうだ。

梨華:そうだったんですか…。

…で!それに関するニュースが今日の夕刊に載っているんです!
これを見てください!

拓也:どれどれ?
“被害者、夜の公園で堂々と不倫”

どういうことだ??

梨華:まとめると、“被害者の妙子さんは、夜遅く、別の男性と公園のあたりを散歩していた。関係者によると、不倫関係だったそうで、被害者が自宅に帰ってこなかったこともあった”らしいですよ。

拓也:なるほどねぇ。


(※拓也が退勤後車を運転すると、駅の近くに見覚えの女性が。愛奈だ。)

愛奈:拓也さん、急に拾ってもらって申し訳ありません。

拓也:愛奈さん、大丈夫ですよ。

何処かに行きたいのですか?

愛奈:…いえ、私の家まで連れて行ってほしいなと。

拓也:…昨夜の事件から、不安になっているのですね。

愛奈:…はい。

拓也:愛奈さんは、ご結婚なされているんですか?

愛奈:…いいえ。一人で家ですごしています。

拓也:なるほど。

愛奈:拓也さんは?

拓也:私も、おひとりですね。最近、何だかもの寂しいですが。

愛奈:ふふ。私と同じですね♪

拓也:あはは。

なら、愛奈さんのお宅にお邪魔させていただきますね。
帰る前に、スーパーにでもよりますか。

愛奈:そうですね。


(※2人がスーパーで買い物をした後、拓也が一旦家に戻り、服を用意。その後、愛奈の家に着く。)

拓也:少々遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

愛奈:いえいえ。


(※その後、洗面の用意をしつつ、愛奈が拓也に手料理をふるまう。)

拓也:お、おいしそうですね。頂きます。

愛奈:どうぞ、召し上がってください。

拓也:お!おいしい!この煮物、最高です!

愛奈:ありがとうございます♪

拓也:私、こういった和食系が好きで、煮物は大好物なんです!

愛奈:べた褒めだなんて…♡

拓也:本当に、おいしいです。


(※その後、2人とも入浴を済ませ就寝に。)

愛奈:…拓也さん。

拓也:どうしましたか?愛奈さん。

愛奈:あの犯人、見つかりますよね??

拓也:あぁ。見つかるとも。

愛奈:犯人が捕まるまで、私のそばにいてくれますか?

拓也:あぁ、ずっといるとも♪

愛奈:よかったぁ…。

スー。スー。

拓也:おやすみなさい、愛奈さん♡

(確か、窓辺から彼女は公園の様子を見ていたんだったな。確かに、よく見える。

…!あ、あれは!)


(※拓也が目にしたのは、顔がげっそりとしていて目が細く、いかにもな感じの顔つきをした男。30代直前といった所か。)

拓也:(あの男、彼女が口にいしていた男と同じだ。今日はキャップが違うようだけど、間違いない!

彼女からは合鍵をもらっているから、少し利用させてもらうよ。)


(※急いで伝言を紙にまとめ、公園へと飛び出す拓也。)

拓也:メモは、ざっとあんな感じでいいや。問題は、犯人を倒すことだからな。


(※その頃、公園にいる不審な男は…。)

里音:さて、今夜もいっちょ女を襲おうかと思ったけど、流石に警戒されるよねぇ。今日は、様子見ってことで。

さて、帰るとしy…。

拓也:お前は誰だ?

里音:?

急になんなんだね?貴様こそ、この俺に何の用だ?

拓也:だから、俺はお前の名前を聞きたいんだ。教えてくれないなら、俺はここを動かない。お前が逃げるのなら、俺は追っかける。地の果てまでもな。

里音:何を言うかと思ったら、そんな子供だましでしたか。

ふふ。そんなお遊びにはお付き合いしませんよ。
“お・あ・い・に・く・さ・ま♡”

ん?!


(※胸倉を急に強くつかむ拓也)

拓也:俺はわかってるんだよ…。お前があの公園でレイプ殺人を犯したことをな。

(※里音が、コンバットナイフをチラ見せ。)

拓也:やはりそうだったか。そのナイフが、動かぬ証拠だ。現在の時刻も同じく。

里音:んん! 


(※拓也に向かって強烈なパンチを繰り出す里音。)

拓也:ぐふっ。

里音:何でばれたのでしょうかね?そう簡単に。

拓也:ぐへっ。


(※さらにパンチを喰らう。)

拓也:たまたま、この近くを散歩していたんだよ。自分の目で・自分の足で現場検証さ。

残念ながら、将司さんはショックで自害してしまった…。そりゃそうだよな。

里音:…仕方なかったんだよ。

拓也:仕方なかった?どういうことだ?

里音:あれは、妙子と将司が結婚をする前の話さ。


(※ここからは、妙子と将司が結婚する前のお話。)

里音「俺は、妙子と付き合っていた。相思相愛だった。」


里音:目隠しだよ♪だ~れだ?

妙子:り~おんくん♪ アナタでしょ?♪

里音:ばれちゃった♡

アハハ。

妙子:うふふ♡

里音:そういえばさ、妙子。

僕達、付き合って2年半くらいになるよね。

妙子:えぇ、そうね。

里音:“そろそろ、結婚しないかい?”

妙子:え?

里音:ほら、これ。

妙子:これって、“結婚指輪”?!

里音:あぁ。
どうか、僕と一緒にいてほしい。


妙子:“…ごめんなさい!”

里音:!!

妙子:私も、アナタと結婚したかったわ。

…でも、明後日、婚姻届けを別の人と出すの。

里音:え?

妙子:この入籍は、決して私の意思によるものじゃないの。私の両親のせいなの。

里音:政略結婚、っていうやつ?

妙子:…まぁ、そんなやつ。

ごめんなさいね。愛しているわ、“あなた”。

里音:妙子、妙子。


(※妙子が、走ってその場を去る。)

里音:妙子。妙子!

“妙子ォ~~!!”


(※回想終了)

里音:だから、俺はアイツを追っかけることにした。ストーカー、ってやつだ。

拓也:だからと言って、レイプしなくてもよかっただろ。
何故あんな真似をした!何故そこまでやる必要があったんだ?!

里音:テメェにはわからないだろうがよ!!俺のこの苦しみがよ!!(怒)

妙子は俺のモノだ、妙子は俺のモノだ。
“…妙子は俺のモノだったんだよォ~~!!!”(※絶叫)


(※里音がナイフで拓也を刺そうとするが、止められる。)

拓也:里音~!!

お前はさらに殺人を犯すつもりなのか!!

里音:だからテメェには関係ねぇんだよ!!いくら言えばわかるんじゃ?!


愛奈:ん、んん?
たくやさん??
(※寝言です)

拓也:いくら言っても意味ねぇこともあるんだよ!!(怒)


愛奈:!!

拓也さん!!


(※窓から外を見る。拓也が黒ずくめの男と戦闘中。)

愛奈:あ!拓也さんが戦っているのって、あの時の犯人!!

“もしもし、警察ですか?あの時の犯人が見つかりました!あの時の殺人事件の現場付近で、男性1人が犯人と戦っています。助けてください!!”


里音:死ねェ!!お前に邪魔されたくねェんだよ!!(※ブチギレ)

拓也:殺されてたまるか!!くたばるのはお前なんだよ!!(※ブチギレ)


(※警察が到着)

拓也:ハハっ。お前の負けのようだな。
さぁ、警察の指示に従うんだ。

里音:“これで終わりだァ!拓也ァ!!”

博已:危ない!
“拓也くん!!”

里音:?!

拓也:あ…。

(俺、終わった…。)


(※里音が、警察官の博已をナイフで刺殺。)

愛奈:キャーーーーーーーー!!!!!!(※絶叫)


(※拓也に駆け寄る愛奈。)

愛奈:拓也さん!拓也さん!!

拓也:…ん?

あ、愛奈!

愛奈:“あなた!”

心配したのよ…。(泣)

拓也:あ、あぁ。スマン…。

んっ!

愛奈:あなた!

救急車が来てるみたいよ。すぐに乗って病院に!!

拓也:あ、あぁ。


里音:お、俺…。(※呆然)


(※里音は、殺人の罪や業務執行妨害等の罪で現行犯逮捕。拓也は、2週間ほど入院。)

愛奈:あなた…。

先程、あなたを助けてくださった警察官の葬式に行ってまいりました。

拓也:愛奈さん、ありがとう…。

愛奈:あなた。もっとゆっくり休んでください。会社の方には、私の方から伝えておきましたから。

拓也:あぁ、ありがとう。


キャスター:ニュースをお伝えします。先日のレイプ殺人事件の犯人が捕まりました。犯人は、30歳の無職の男、“種崎里音(たねさきりおん)容疑者”。容疑者は犯行を認めているとのことです。
容疑者が捕まる際、現場近くにいた他の男性ともみあいになり、地元の警察官である“布田博已(ふだひろみ)”課長が容疑者の持っていたコンバットナイフで刺殺されてしまいました。
今後、容疑者は取り調べを受け、起訴される予定になっています。


(※結局、退院まで3週間経過。その後、拓也と愛奈は結婚。)

拓也:愛奈。いつも家事のことを任せてごめんよ。

愛奈:いえいえ。あなたの勇敢な姿を見て、自分も何かできないかと思っていたんです。

拓也:あはは。無理だけはするなよ?いざとなれば、手伝うからさ♪

愛奈:うふふ♡私の方こそ、いつもありがとうございます♡

拓也:愛しているよ、あいな♡

愛奈:愛していますわ、たくやさん♡

You Can’t See Me

訂正情報
8月31日(土) 本文の一部を修正。

You Can’t See Me

真夜中に殺人事件が発生!事件現場の目撃情報や防犯カメラはなし。だが、最近の事件現場の様子を不思議に思っている女性が1人。果たして、犯人は誰なのか?何故殺人事件を起こしてしまったのか?

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • アクション
  • サスペンス
  • 青年向け
更新日
登録日 2019-08-26

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY