ちひろ

「あの星を君に上げる」


指さしたのはとても小さな星で


「どうしてあの星なの」


迷子にならないように


ほら今みたいに、どこにいるのか分からなくならないように


そう言って私を見た


「迷子になんかなってないよ」


キラリと流れた星が


彼の顔をそっと照らした

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted