冷陽の川

音澤 煙管

冷陽の川

真夏にも雪を見る……

沢山の雪と流れて…



前に月と背に朝陽、

前に星と背に夕陽。

こうして七日も終わる頃、

気付くと八日目の月を見る。

終わりを思い始める時、

終わり間際を待ちわびる。

夏始まるは暮れ沈み、

枯れゆく色も染まる雲間に。

若く眩しい頃思えば、

懐かし話に色を着け。

空の色は変わらずも、

見えぬ風音白く成り。

黙って時過ぎ風のあと、

見えぬ君子の遠い影。

笑う陽の中凍る風、

眩しく苦い雪の様。

我が道渡る強い意志、

柵涙も積もる雪。

積もる涙は日々にとけ、

互い冷めた陽背を向けて。

幻影の陽を浴びる頃、

悔やむ雪は川と流れて……

冷陽の川

暑く苦い雪解けの川。

冷陽の川

流れたり、止まったり、浮かんだり……

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted