実話

猿木おちり

誰にも話したことがなかった。

あまりにも、とりとめのないない実話である。
.........................................
父は満洲で育った。写真には、戦車が写っている。
姉という人がいた。
祖母は古風な未亡人である。
あったのは真珠の指輪と薄い茶色のえいち・わい、そして、革のコインケースひとつ。
その当時、馬に乗っていたという。
父も馬がすきだった。

実話

伝わっただろうか。まだ伝わるだろうか。

実話

心の内にしまっておいたらよかったのだろうか。

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-08-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted