【超短編小説】月と夜空

六井 象

 夜の屋台でかけ蕎麦を手繰っていたら、つゆに満月が映っているのに気が付いた。
 月見そばか、と心の中で冗談を言いながらつゆをすすると、月が前歯にこつりとぶつかった。
 思ったより腹の足しにはなったが、夜空は真っ暗になってしまった。

【超短編小説】月と夜空

【超短編小説】月と夜空

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted