【超短編小説】鈴と金魚

六井 象

 誰かが落とした鈴を飲み込んだ金魚が、縁日の屋台の桶の中をりんりんと泳ぎ回っている。
 鈴の分だけ体が重いから、誰にもこの金魚をすくうことはできない。

 祭の灯が消え縁日から人が去る頃、ほとんど空っぽになった桶を片付け、「しかたねえなお前は」と愚痴りながら、今日も屋台の親爺は金魚とともに家に帰る。
 飯を食い風呂を浴び、鈴の音を聴きながら酒を呑むとき、こいつにそろそろ名前でも付けてやろうかと、親爺はぼんやりそんなことを考える。

【超短編小説】鈴と金魚

【超短編小説】鈴と金魚

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-08-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted