静謐病棟

渡逢 遥

或る夜

廃れた小さな病院の

廃れた小さな寝台で

管に繋がれた祖父が横たわってゐた

眼をさました祖父は

細く力を失ったやうな腕で

わたしにひとつの缶ジュースを呉れた

たしか葡萄のジュースだった

見舞いに来たはずが

見舞い品のひとつをもらってしまった

暗室は外の風の音で支配されて

色覚は夜のせいで総て寒色のやうにみえ

汗をかいた缶だけが生きてゐる

有機体の屍が集う

声をつかわない見舞いだった

静謐病棟

静謐病棟

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted