【超短編小説】青

六井 象

 凛とした空の下に、山々の青が沈んでいる。
 体を起こし、窓を開け、指を突っ込んでそれをかき混ぜる。

 空の青と山の青と少しの雲の白が、渦を作りながら混ざり合い、窓の向こうがあざやかになる。
 そうしたら指を引っ込めて、窓を閉める。

 青と青と白の渦が少しずつ回転を緩め、元の空と山と雲に戻っていくのを眺めるのが好きだ。

 再び寝転がり、少しだけ濡れた指先のにおいを嗅ぐ。
 空と山と雲の香りがする。
 空も山も雲の上にも行ったことはないけど、何となくそんな気がする。

【超短編小説】青

【超短編小説】青

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted