雲は遠くて(4)

いっぺい

  1. 151章 米津玄師の、子どもの頃の自分に向けての手紙
  2. 152章 『幸福とはポエジー(詩)である』 と語る アランの言葉

151章 米津玄師の、子どもの頃の自分に向けての手紙

151章 米津玄師の、子どもの頃の自分に向けての手紙

 5月5日の日曜日、午後4時を過ぎたころ。よく晴れた夏の日差しのような一
日だった。

 高田充希(みつき)がオーナーの≪カフェ・ゆず≫には、川口信也と新井竜太
郎と森川純と
松下陽斗(はると)、そのほかは女性で、信也の彼女の大沢詩織(しおり)、
竜太郎の彼女の野中奈緒美(なおみ)、森川純の彼女の菊山香織(かおり)、
陽斗の彼女の清原美樹(みき) 、川口信也の二人の妹の美結(みゆ)と利奈
(りな)、
今も信也に心を寄せるピアニストの落合裕子とマンガ家の青木心菜(ここな)、
心菜の親友のマンガ制作アシスタントをしている水沢由紀(ゆき)という、
華(はな)やかな、13人が集まっている。

 信也が、ロッキングオンの『Cut』の2017年9月号を買った。
今ではなかなか入手できない雑誌ため、アマゾンの中古品で、11.700円で
買った。
定価は710円だった。
その特集が『米津玄師(よねづけんし)』で、アマゾンのカスタマーレビューに
は、
『米津さんの子どもの頃の自分に宛てた手紙も感動しました。』と書いてあっ
て、
信也は、どうしてもその記事を読みたくなったのだった。

そして、信也は、「その記事のコピーだけど、欲しい人!」って、みんなに呼び
かけてみた。
そしたら、このメンバーが≪カフェ・ゆず≫に集まったというわけだ。

 店のキャパシティーは40席。下北沢駅の西口から歩いて2分の一軒家ダイ
ニング。
店の前にはクルマ6台の駐車場があり、全面喫煙。フローリングの床ゆか。
16席のカウンター、4人用の四角いテーブルが6つ。
ミニライブ用のステージと、黒塗りのYAMAHAのアップライトピアノがある。

「コンビニのコピー機でコピーしたんだけど、それがけっこうむずかしい作業
だったりしてね。
あっははは。『Cut』って雑誌がA4サイズより大きくって、A4の倍のA3には、
わずかにおさまりきらないだよね。そこをなんとかA3におさめました。あっはは

これと綴(と)じたホッチキスの針(しん)だって、
普通針足5ミリだけど、6ミリを使ってんですよ。あっははは。」

 そう言いながら、信也はみんなに、『Cut』のコピーが入った白無地の紙の手
さげ袋を配(くば)る。

「しんちゃん、お疲れ様でした。ありがとうございます!」

 清原美樹がそう言って微笑(ほほえ)む。

 みんなも笑顔で、「疲れ様!」とか「ありがとう」とか、信也に言う。

「米津玄師が子どものころの自分に手紙を書くっていう気持ちはわかりますよ
ね、
子どものころって、感受性も豊かで、やっぱり誰もが詩人なんだろうね。
詩なんかを書かないとしても」

 竜太郎がそう言った。みんなも「そうよね」「そうだ、そうだ」とか言った。

「そんな子どもの心をオトナになると忘れたりするから、おかしな世の中になっ
ていくんだよね」

 松下陽斗(はると)がそう言って、彼女の清原美樹と目を合わせる。

「愛を感じられなくなったりするんでしょうね。感受性も衰退すると、
子どものころの瑞々(みずみず)しい感じやすい心も無くなってしまったりね」

 落合裕子はそう言った。

「そうですよね、裕子さん。愛って、それを感じるセンサーそのものが弱って働
かないと、
愛って、感じ取れないものだと思うんです」

 青木心菜(ここな)がそう言った。

 女性バーテンダーの沢井悠花(ゆうか)は、手際てぎわも良くシェーカーを振
い、
ジンがベースのいま人気のネグローニを作って、
カウンターの席でくつろぐ、大沢詩織と信也の姉妹の美結と利奈に差し出し
た。

 笑顔もかわいい24歳の女性バーテンダーの沢井悠花は、白の開襟ブラウ
ス、
黒のベスト風エプロンもよく似合う。

「美結さん、利奈ちゃんとは、すっかり、お酒を楽しむ仲間になっちゃいましたよ
ね!」

 そう言って笑顔で、詩織は両隣に座(すわ)る美結と利奈とグラスを合わせ
る。

1997年3月21日生まれ、22歳の川口利奈は、今年、管理栄養学科を卒業
して、
兄の信也の会社の外食産業大手のモリカワ本社に就職したばかりだ。

 川口美結は1993年4月16日生まれ、26歳。信也の飲み仲間の新井竜太
郎が副社長の、
外食産業最大手・タナールの傘下の芸能事務所・クリエーションで、
タレントや女優やミュージシャンの仕事をしている。

 大沢詩織は1994年6月3日生まれ、24歳。詩織は、モリカワで仕事をして
いる。

「ねえ、詩織ちゃん、うちのお兄ちゃんがね、あそこで、落合裕子さんと青木心
菜(ここな)さんと、
楽しそうに話しているけれど、詩織ちゃんはいつも平気んあんだもん。
心が広いなあって、いつも感心しちゃうのよね、わたし・・・」

 微笑みながら美結は、詩織にそう言った。

「初めのころは、ちょっと嫉妬(しっと)することもあったんです。あっはは。
だけど、それじゃ、お互いに、うまくいかないことがすぐにわかったから・・・。
しんちゃんも、わたしも、自由を尊重する芸術的な生き方を大切にしているから。
クリエイティブな創造的なことをしたいと思ったら、既成的な価値観とかからも
自由でないとダメだったりするでしょう。そんな自由や、
自然な形で続けられるお互いの愛とかが大切だと思っているんです。
お互いを、嫉妬とかで縛(しば)りあったりしても、愛は続かないとわかっている
んです。
米津玄師(よねづげんし)もこの手紙の最後には、子どものころの自分に向け

『あなたの思想、理念、美意識に今も共感します。
どうかこれからもぼくを遠くの方へと導いてください。よろしくお願いします。』っ
て書いてますけど、
芸術をやっていくにして、普通に生きるにしても。
やっぱり子どものころの、まっすぐな気持ちや清らかな感性や大きな夢とかっ
て、
大切なんだなあって、米津さんみたいに私も思うんです。
ねえ、美結さん、利奈ちゃん、そうですよね。あっははは」

 詩織は美結と利奈にそう言うと、明るく笑った。

 下記は、米津玄師(よねづげんし)の、
『子どもの頃の自分』という『もうひとりの自分』に向けての手紙、800字ほど
の全文。

お元気ですか?最近あなたのことをよく思い出します。
あなたに比べてぼくはいくつか大きくなって、色々とできることが増えました。
さらにいい曲が作れるようになったし、他人の言っていることも理解できるよう
になりました。
そう言われるとあなたはどう思うんだろう?誇らしく思うのか、それとも悔しいと
思うのか。

今ぼくは概ねあなたの予想した通りの未来にいると思います。
バンドという形ではないものの、
あなたがこうでありたいと願ったことはなかなか叶えられているんじゃないか
な。
まだ途中段階ではあるものの、ぼくとあなたならきっと全部上手くいくでしょう。
あなたは「誰かの思い通りに動いてなんかやるものか」という怒りで日々生き
ていたので、
ぼくがこう言えばまた少し違う角度に歩いて行ってしまうかもしれませんね。

「いつか大人になって過去を振り返ったとき、
今の子供の頃の自分を馬鹿にするようなやつになってませんように」
と願っていたのをよく憶えています。
今まさに大人になったぼくは、あなたの望み通り、やっぱりあなたを誇らしく
思っています。
自分の能力を疑わず、日々怒りと不安に身を委ね、ヘラヘラと笑みを顔に張り
付けていた
あなたをとても美しいと思います。

あなたの思想、理念、美意識に今も共感します。
どうかこれからもぼくを遠くの方へと導いてください。よろしくお願いします。

☆参考文献☆

Cut 2017年9月号 ロッキングオン

≪つづく≫ --- 151章 おわり ---

152章 『幸福とはポエジー(詩)である』 と語る アランの言葉

152章 『幸福とはポエジー(詩)である』 と語る アランの言葉

  7月20日、土曜日、午後4時を過ぎたころ。

 上空には灰色の雲から青空も見えたけど、ときどき小雨がぱらついている。
6月7日ころに始まった長い梅雨だ。

 川口信也(しんや)と森川純(じゅん)、岡林明(あきら)、高田翔太(しょうた)の、
クラッシュ・ビートのメンバー4人が、吉祥寺の焼き鳥屋の『いせや』のテーブル席で、
ゆったりと一杯やっている。4人ともまだ独身だ。

 彼らは学生のころから、ここから近くのライブハウスの『クラブシータ』や
『ブラックアンドブルー』とかで、ライブやパーティをやったあとは、
この『いせや』で一杯やるのが定番だった。

 美味(おい)しい焼き鳥が、一本、単品で90円という庶民派感覚の『いせや』は、
JR吉祥寺駅北口から歩いて5分ほどだ。

 信也たちは、焼き鳥やもつ煮や枝豆や酢のもの盛り合わせやお新香をつまみながら、
生ビールや生酒(冷酒)や焼酎緑茶割りとかを楽しんでいる。

「それにしても、京アニに放火した青葉って男は、ひどいヤツだよね」

 岡林明(あきら)がそう言った。

 岡林明は、1989年4月4日生まれ、30歳。
早瀬田大学・商学部卒業後、大学のバンド仲間の純に誘われて、
外食産業大手の株式会社モリカワに入社。下北沢にある本部で課長をしている。
ロックバンド・クラッシュ・ビートの、ギターリスト・ヴォーカリスト。

「おれに言わせれば、あいつは、人間じゃないね。それも動物以下だよ。微生物以下。
生き物として認めたくないね。まあ、凶悪・卑劣・冷血な殺人鬼ところで、
あの世に行っても地獄から出られないさ。あっははは」

 高田翔太(しょうた)はそう言いながら笑った。

 高田翔太は、1989年12月6日生まれ、29歳。
早瀬田大学・商学部卒業。現在、下北沢にある株式会社モリカワの本部の課長。
大学時代からやっているロックバンド、クラッシュ・ビートのベーシスト・ヴォーカリスト。

「青葉ってヤツはさあ。まず、愛ってものが、何もわかってないわけじゃん。
それなのに小説を書いているって、信じられないよな。
あの事件直後に、「京アニに投稿した小説が、盗まれたので火をつけた」って言っているらしいけど。
頭が狂っているヤツの言いそうなことだよね。
犠牲になった人とかのことを思うと、かわいそうで胸が痛むけど。
しかし、いまの社会には、青葉みたいに、頭の狂っているのが多いくて困るよね」

 森川純がみんなの目を見ながら、そう言った。

 森川純は、1989年4月3日生まれ、30歳。
早瀬田大学・商学部卒業。現在、株式会社モリカワの本部の課長。
父親は、モリカワの創業者・社長の森川誠(まこと)。
ロックバンド・クラッシュ・ビートの、ドラマー・ヴォーカリスト。

「おれはね、世の中の人間が、あの青葉みたいに、人間失格というか、翔太が言うように、
人間以下の微生物以下になっていく原因には、
まず、純ちゃんも言うように、第1には、人の痛みがわからなくて、想像できない。
つまり『愛』が理解できないとがあると思うよ。
第2には、詩的なセンスがないだろうね。美しいものが理解できない人間なんだろうね。
そして第3には、この自然界で生きていることの感謝する心とかがないことがないとがあると思うよ。
この3つを持っていれば、普通は、あんな殺人鬼にならないだろうね。
そんな普通の人間として、持っているべき心というか想像力が、衰退したり欠如しているから、
人を傷つけても平気な無神経な人間が多いんでしょうね、いまの世の中・・・」

 いい気分で冷酒に酔いながら、川口信也がそう言った。

 川口信也は、1990年2月23日生まれ、29歳。
早瀬田大学・商学部卒業。純に誘われて、株式会社モリカワに入社。
下北沢にある本部の課長をしている。
クラッシュ・ビートの、ギターリスト・ヴォーカリスト。

 信也は、さらに話をつづける。

「最近ついついと考え事していて、おれは思うんですけど、愛とか美とか自然界って、
哲学者のウィトゲンシュタインも言うように、語りつくせないものですよね。
ですから、ちょっと考え方の方向というか、視点を変えてみたんですよ。
じゃあ、幸福に生きるためにはどうしたらいいかって、考えてみたんですよ。
幸福について語った人では、アランの『幸福論』は、よかったです。
アランは、こんなことを『幸福論』の中で言ってますよ。
『およそ、幸福というものは、ポエジー(詩)であり、
ポエジーとは行動を意味するからである。人は棚ぼた式の幸福をあまり好まない。
自分で作り上げることを欲するのだ。子どもはわれわれの庭を見向きもせず、
砂の山や麦の切れっぱしなどを使って、自分で立派な庭を作る。
蒐集(しゅうしゅう)を自分でしなかった蒐集家というものが考えられようか』

子どもって、結局のところ、ポエジー(詩)的な存在なんでしょうし、愛とか美とか自然界も
ポエジー(詩)なんでしょうね。だから、そんなポエジー(詩)がわからない人間には、
幸福がわからないんだろうし、幸福には生きられないですよね・・・」

「そうだよなあ。幸福って、ポエジー(詩)と同じことなんだろうね。
幸福にもポエジー(詩)にも、愛も美も自然もあるわけだから。
さすが、しんちゃんだね。あっははは」

 そう言って、冷酒にご満悦の純が笑う。

「しんちゃん、さすがに、鋭いね。あっははは。幸福って、ポエジー(詩)無しには、
実現不可能なわけだよね。あっははは」

 ビールジョッキを片手に、高田翔太はそう言って笑う。

「世の中って、ポエジー(詩)を大切にしていない気がするしね。
それだから、幸福な社会も、どんどん遠のいてるんじゃないのかなあ?
まあ、こんな世の中だから、おれたちも、もっとポエジー(詩)を持って、
音楽やって、幕末の志士たちみたいな気持ちで、世直ししていかないと!あっははは」

 そう言って笑いながら、岡林明は焼酎緑茶割りを飲む。

「よーし、幕末の志士のように、音楽に命をかけてみようか!ね、みんな!」

 純がそう言うと、みんなで大笑いをした。

≪つづく≫ --- 152章 おわり ---

☆参考文献☆

1.幸福論 アラン 串田孫一・中村雄二郎=訳 白水ブックス
2.ウィトゲンシュタイン:モチベーションの上がる言葉51選
  http://motiv.top/word/wittgenstein/
3.心の哲学まとめWiki ウィトゲンシュタイン
  https://www21.atwiki.jp/p_mind/pages/75.html

雲は遠くて(4)

雲は遠くて(4)

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-08-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted